LINEで送る
Pocket

こんにちは!

平昌オリンピックのノーマルヒルとラージヒル競技に使用されている

スキー板に、ゼルダのトライフォースマークがあるということが話題になっています。

今回は、平昌オリンピックで使用されているスキー板にあるマークについて調べてみました。

スポンサーリンク

平昌オリンピックのスキー板が話題!

平昌オリンピックのスキージャンプに使用されているスキー板が話題になっています。

なんでも、ゼルダのトライフォースマークがあると言うのです。

競技が放送されるたびにネットではスキー板の話題でもちきりでした。

・ピョンチャン五輪見てるとスキー板にあるトライフォース的なデザインが気になる。

・スキージャンプのスキー板のデザインによくあるトライフォースってなんなん??

・オリンピックの選手のスキー板にトライフォース描いてあんのジワる。

・そういえばスキー板にトライフォース描いてあってゼルダ脳が刺激される。

世界的にも有名なゲームなので気になる方は多かったようです。

なぜ平昌で行われているオリンピックなのに、

日本ゲームのマークが付いているか不思議ですね。

ゼルダのトライフォースマークとは?

平昌オリンピックのスキージャンプに使用されているスキー板に

ゼルダのトライフォースマークが入っていると話題を集めています。

では、ゼルダのトライフォースマークとは何なのでしょうか?

ゼルダのトライフォースマークとは、

1986年に日本で販売された任天堂の「ゼルダの伝説」という

アクションアドベンチャーゲームのなかで登場する架空の秘宝です。

触れた者の願いを叶える力を持ち、ゼルダ伝説のゲーム内では、

トライフォースは3つの構成に別れ、

それぞれ「力のトライフォース」「知恵のトライフォース」「勇気のトライフォース」

と呼ばれています。

トライフォースを正面から見て上に位置する三角形が「力」、

左下の三角形が「知恵」、右下の三角形が「勇気」になるようです。

調べてもわかる通りスキーとの関係性は全くないようですw

スポンサーリンク

なぜそのマークがスキー板に入っているの?

先ほどゼルダのトライフォースマークについて説明してきましたが、

平昌オリンピックのスキージャンプに使用されているスキー板に

なぜトライフォースマークが入っているのでしょうか?

調べてみると、このマークはトライフォースマークではなくて、

オーストリアにあるスポーツ用品メーカーのフィッシャー社のロゴマークでした。

フィッシャー社は世界最大のスキー製造メーカーで、

世界中でも数多くの選手が使用しています。

今回の平昌オリンピックでも数多くの選手がフィッシャー社の製品を使用して

競技に出場しています。

たまたまにしてもすごい似てますね。

というわけで、ゼルダのトライフォースマークとの関係は全くなかったですw

フィッシャー社,スキー板,写真

まとめ

平昌オリンピックで多くの選手が使用している、

スキー板にあるマークについて調べました。

ゼルダのトライフォースマークに似てると話題になっていましたが、

フィッシャー社というメーカーのロゴマークで、

ゼルダとは全く関係ありませんでした^^;

スポンサーリンク