LINEで送る
Pocket

「少年革命家ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している中村逞珂(ゆたか)さん。

10歳ながら学校に通わない選択を取り「学校は行きたい時に行く」というスタンスで生活をされています。

「不登校は不幸じゃない」というメッセージには多くの反響が寄せられていますが、一方で義務教育を放棄していることについての批判も上がっています。

ゆたぼんこと中村逞珂さんについての世間の反応や、親の法的責任について調査してみましょう。

スポンサーリンク

不登校ユーチューバー・ゆたぼんが話題に

ゆたぼんこと中村逞珂さんは、大阪生まれで現在は沖縄県宜野湾市に住む小学生です。

普段は「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動しています。

彼が学校に通わなくなったのは小学校3年生の頃。

学校での宿題を拒否したところ、放課後や休み時間に勉強を強いられて不満を抱き始めたと言います。

当たり前に担任の言うことを聞く同級生たちがロボットに見えてきて「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意。

現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いています。

ゆたぼん,画像

普段配信している動画は、歌やお笑い系が中心。

「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ねて熱心に活動をしています。

中村逞珂さんの元には同世代の子供からも多くの相談が寄せられ、その際には「学校に行かなくてもいい」と言い続けているんだとか。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。

壮大な目標を掲げ、日々動画を通じて全世界への発信を続けています。

2019年5月4日には、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。

今後もさらなる活動が期待されています。

ネットでは「かわいそう」との声多数?

不登校ユーチューバーのゆたぼんこと中村逞珂さんが話題になっていますが、世間の反応はどうなのでしょうか。

世間や著名人たちの反応を見てみましょう。

ネットの反応は

まずはネットの反応を見てみましょう。

肯定的な意見もありますが、厳しい意見の方が多いようです。

子供なら宿題は嫌ですし、休み時間に勉強をさせられるのも不満でしょう。

ですが、それは学校のルールを守らなかったことが原因ですから、全く不当ではないですよね。

それを教える大人が彼の周りにいないというのはかわいそうでしかありません…

ネットでも、中村逞珂さん本人がどうこうというよりも親や周りの大人たちへの批判が強いです。

周りの大人たちに影響された子供がかわいそうという声が大半です。

著名人の中でも賛否が分かれる

続いては著名人の反応を見てみましょう。

茂木健一郎さんは肯定的な意見ですね。

学校へ行かなくても学ぶことはできるとのコメントです。

高須克弥さんは否定的な意見です。

「大人になったら困るよ」ということをビシッと示されていますね。

著名人の中でも意見が分かれる結果となっています。

ただのワガママ?

中村逞珂さんへの否定的な意見を見ていると、不登校の理由の部分に疑問を覚える人が多いようです。

確かに、宿題をしてこなかったら放課後や休み時間にやるのは当たり前です。

宿題,画像

大人だったら、多少やりたくない仕事でもやらなきゃいけないし、仕事をサボってしまったら埋め合わせすることは必要です。

確かに不登校は不幸ではありません。

でも、宿題すらも押し付けに感じて、ルールを守っている子供達がロボットに見えてしまう、というのはあまりに自分勝手で都合のいい解釈だなあと感じてしまいます。

いじめられて…という人間関係とは訳が違いますからね。

誰しもが子供の頃「宿題やりたくないから学校へ行きたくない」ということは考えたことがあるとは思います。

でも親から叱られたり、先生に教えられたりしたことで、学校のルールを守って生活をしてきました。

その経験があるから、社会でもルールを守って働くことができます。

今は嫌いなことから逃げて楽しいだけの人生かもしれませんが、このままだと大人になった時に大きな代償を背負うことになってしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク

不登校についての親の責任は

義務教育を放棄した場合、親に責任はあるのでしょうか?

中村逞珂さんの父親は、心理カウンセラーとして活動している中村幸也さんという人物です。

息子と一緒に地方で親子講演などをしていますので、逞珂さんの不登校には肯定的ということが分かります。

ですが、逞珂さんはまだ小学生で義務教育の真っ最中です。

彼には教育を受ける権利があり、親には子供に教育を受けさせる義務があります。

学校教育法でも、就学義務を果たさない場合は10万円以下の罰金に処することが示されています。

しかしながら、これは子供が学校へ行きたいのに親がそれを阻止する場合です。

子供が学校へ行くことを望んでいながら、親が無理やり働かせたり、弟や妹の世話をさせたりする子で学校へ行かせないのはアウト。

子供が自ら学校へ行かないことを選ぶのはセーフということです。

つまり、中村逞珂さんの不登校については法的には問題ないと言えます。

法的にはセーフですが、社会的には…というと難しいところですね^^;

中村逞珂さん本人やそれに影響されて不登校を選んだ子供達が、数十年後に学校へ行かなかったことを後悔しないことを祈るばかりです。

中村逞珂,中村幸也,画像

まとめ

不登校ユーチューバーのゆたぼんこと中村逞珂さんについての世間の反応などをまとめてみました。

宿題をしたくないから学校へ行かないという驚きの発想をお持ちの彼ですが、ネットでは親や周りの大人についての厳しい意見が多くあがっています。

生きていれば辛いことや逃げたくなることもたくさんありますから、それに立ち向かっていくために小さい頃からある程度のルールを守って生活することが必要なのだと思います。

中村逞珂さんも今はやりたいことだけやって生きていて楽しいかもしれませんが、大人になった時を考えると怖いですよね〜

彼自身や彼に影響された子供達が、大人になって「やっぱり学校へ行っておけばよかった」とならないといいですが…

スポンサーリンク