LINEで送る
Pocket

 

2018年もあと数日となり、寒さも厳しくなってまいりました。

私は冬が苦手なので「いつまでこの寒さが続くのか..」と毎日体を震わせています。

そこ今回は、年が明けて2019年になってから寒さはいつまで続くのかを調べてみたいと思います!(半分自分のために)

寒さのピークや暖かくなる時期、さらには雪予想などを徹底的に調査してみました!

冬のレジャーや帰省の際にお役立てください^^

スポンサーリンク

2018-2019年の寒さが気になる!

2018年も残りわずかとなりましたが、気になるのはこれからの寒さです。

最近は本格的な冬の到来を迎え、日中でも肌を刺すような冷たい風が吹いていますね。

ここでは2018-2019年の冬の寒さは例年と比べてどんな特徴があるのかを紹介させていただきます。

2018-2019年は暖冬?

2018-2019年の冬は、例年に比べて平均気温が高い「暖冬」と言われています。

東日本、西日本と沖縄・奄美地方では、寒気の影響を受けにくい見込みです。

気温については、東日本は例年並か高い見込み、北日本はほぼ例年並という推移を見せています。

一方、北日本では例年同様厳しい寒さとなる見込みです。

確かに、私が住んでいる東日本は12月にも関わらずポカポカと暖かい日もありました。

列島全体が暖冬というわけではありませんが、例年に比べると冷え込みはそこまで厳しくないと言えますね。

暖冬の原因は偏西風?

2018-2019年の寒さは、沖縄〜東日本は暖かく、北日本は冷え込む予想となっています。

列島全体が暖冬なら理解できるけど、なぜ一部だけ?

この理由を調べてみると偏西風が原因のようです。

エルニーニョ現象

(引用:気象庁

上の図では、西から東へと暖かな偏西風が吹いています。

ただ、よく見ると日本付近で南から北へグイッと曲がっていますね。

どうやら今年の偏西風は平年よりも蛇行運転のようです。

この影響で沖縄から東日本にかけては、偏西風の影響で北からの寒気が流れ込みにくく、気温が上昇しているのです。

ただ、北日本に関しては寒気は平年並みに流れていますので偏西風が北に入ってくることなります。

一部の暖冬の影響は、この偏西風が原因だったということが分かりました。

スポンサーリンク

暖冬の原因はエルニーニョ現象?

暖冬の原因は偏西風だけではありません。

今年はエルニーニョ現象の影響も考えられます。

◆エルニーニョ現象とは..

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のこと。

逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれています。

それぞれ数年おきに発生し、これらの現象が起こると日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。

エルニーニョ現象が発生すると、熱帯太平洋の東部では海面水温が高く、西部では海面水温が低くなります。

この水温の変化によって、日本では冷夏・暖冬となる傾向があります。

今年の夏は猛暑だったためエルニーニョ現象ではなくラニーニャ現象が疑われましたが、結果としてはエルニーニョ現象だったようです。

エルニーニョ現象によって実際どの程度暖かくなるのかというと、日本の気温への影響は平年よりも最低でも+0.5℃〜程度です。

季節が変わるくらいの暖かさとまではいきませんが、多少寒さは和らぐと聞くと安心できますね^^

2019年寒さはいつまで続く?

2018-2019年の冬が例年並、もしくは例年より暖かいということが分かりました。

とは言っても、実際は普通に寒いです!(笑)

この寒さがいつまで続くのかが気になるところです。

では、2019年の寒さがいつまで続くのか、寒さのピーク暖かくなる時期を調べてみましょう。

寒さのピークはいつ?

2019年の寒さのピークは、2月頃だと見られています。

暖冬とは言っても、冷え込む時期というのは例年通りのようです。

1月頃から徐々に冷え込み、2月が寒さのピークとなるでしょう。

暖かくなる時期はいつ頃?

寒さのピークは2月ということですが、暖かくなるのはいつ頃からなのでしょうか?

調べてみたところ、こちらも例年通りで4月上旬頃からとなりそうです。

3月中旬頃からは少しづつ暖かい日も増えてくると予想されます。

毎年3月頃には移動性高気圧が発生します。

この南から流れる暖かい空気のおかげで寒気が南下しにくくなるんですね。

また、東日本・北日本では例年に比べて晴れの日も多い予想が出ているので体感的にも暖かく感じやすい気候となりそうです^^

スポンサーリンク

2019年の雪予想は?

冬の天気で最も気になるのは…ですね!

毎年東京でも1シーズン3〜4回は雪が降っている気がします。

ここ数年はドサっと大雪が降ることも多いので、今年はどうなのかちょっと心配ですね^^;

では、寒さのピーク2月まで3ヶ月間の地域ごとの天気予想を見てみましょう。

地域ごとの天気予想
12月
  • 北日本日本海側では、例年同様に曇りや雪もしくは雨の日が多い
  • 東日本日本海側では、例年に比べ曇りや雨もしくは雪の日が少ない。
  • 西日本日本海側では、例年同様に曇りや雨または雪の日が多い
  • 北・東・西日本太平洋側では、例年同様に晴れの日が多い。
  • 沖縄・奄美では、例年同様に曇りや雨の日が多い。
1月
  • 北日本日本海側では、例年同様に曇りや雪の日が多い
  • 東・西日本日本海側では、例年に比べ曇りや雪もしくは雨の日が少ない。
  • 北・東・西日本太平洋側では、例年同様に晴れの日が多い。
  • 沖縄・奄美では、例年に比べ曇りや雨の日が多い。
2月
  • 北日本日本海側では、例年同様に曇りや雪の日が多い
  • 東・西日本日本海側では、例年に比べ曇りや雪もしくは雨の日が少ない。
  • 北・東・西日本太平洋側では、例年同様に晴れの日が多い。
  • 沖縄・奄美では、例年に比べ曇りや雨の日が多い。

北日本は例年同様、雪は多く降るようです。

12月は西日本の日本海側も雪の日が多い予想ですね。

それ以外の地域については、例年に比べると晴れの日が多い予想です。

とは言っても、1月・2月頃は雪が降る可能性も多いにありますから、対策はキチンとしておきましょう!

雪

まとめ

2018-2019年の寒さはいつまで続くのか、ピークや暖かくなる時期をまとめて紹介させていただきました。

東日本〜奄美地方については、偏西風&エルニーニョ現象のおかげで例年よりも気温は高となりそうです。

北日本は例年通りなので、厳しい寒さとなるでしょう。

寒さは例年通り2月がピークで3月頃まで続くことが予想されています。

暖かくなるのは4月頃ということで、まだまだしばらくは寒さとお付き合いしなければなりません。

関東地方も暖冬と言っても雪が降る可能性も十分にあります。

センター試験や成人式の時期は例年雪が降ることが多いので、あらかじめ余裕を持った行動を心がけておきましょう^^

スポンサーリンク