LINEで送る
Pocket

登場人物も増えて泥沼化している体操パワハラ問題。

ここ数日は、ワイドショーで新たに「A社」という名前が新たに上がっています。
さらに、塚原夫妻のさらに上に黒幕がいるのではないかと言われています。

今回は、体操パワハラ問題のA社とはどこの会社なのか、また黒幕がいるのかなど事態の真実を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

体操パワハラ問題には黒幕がいる?

体操パワハラ問題が連日ワイドショーで取り上げられていますが、
宮川紗江選手と速見佑斗コーチ、そして塚原夫妻の他に黒幕が存在しているのではないかと言われています。

問題の流れを時系列でまとめると…

8月15日:速見佑斗コーチが宮川選手に対する暴力行為で無期限登録抹消へ処分
8月21日:宮川選手が弁護士を通して「パワハラされたと感じていません」という直筆文書を発表。
指導継続を求める意思を明らか。
8月29日:宮川選手が会見で塚原夫妻や体操協会によるパワハラを告発。
→塚原夫妻はこれに対して「脅すためではなかった」とパワハラを否定。
8月31日:速見コーチは、一連の騒動についての謝罪文を発表。
9月2日:塚原夫妻が宮川選手に対して直接謝罪したい旨を報道各社に文書で発表。
宮川選手側の弁護士に別の文書を送り、直接会って謝罪したいと申し入れ。
→宮川選手はこれを拒否。

ポイントは、
・速見コーチの暴力についての処分は下され、本人もこれを受け入れている
・体操協会のパワハラは現時点でも問題となっている
という2点です。

メディアでは速見コーチの過去の暴力行為が事細かに取り上げられていますが、すでにこの問題は処分も終わっていることです。
現在解決すべきなのは、塚原夫妻そして体操協会のパワハラ問題です。

どうもメディアの報道の論点がずれてしまっているように感じます。
速見コーチの過去の細かな行動を告発している文書まで公開されているんだから驚きですね。

塚原夫婦や体操協会の体制よりも、そちらに視点が逸らされているのには不自然さを感じざるを得ません。
塚原夫妻がラスボスだと思っていましたが、その後ろに黒幕がいそうな予感です。

世間の反応を見てみると、こういった報道には「黒幕」がいるのではないかと見る人が多いようです。
宮川紗江選手、速見佑斗コーチを潰そうとしている黒幕とは…

A社とはレインボー体操教室?

体操パワハラ問題について、メディアが「A社」という組織を取り上げ始めています。

ワイドショーでは、A社が速見コーチの暴力行為について体操協会宛に送った告発ともとれる文書が公開されています。

速見コーチへの処分は下されているのですが、今のタイミングでこれを取り上げているのが気にかかりますね。
A社が体操協会と繋がっていたり、誰かがA社に告発させた可能性だってあります。

そもそもなぜ名前を出さないのでしょうか?
一番気になるのは「A社がどこの会社なのか」ということですね。

調べてみると…
A社=レインボー体操教室のようです。

レインボー体操教室とは、宮川紗江選手が以前所属していたクラブです。
ちなみに今回の問題についてホームページでコメントを出しています。
株式会社Rainbow代表取締役社長北折明子のコメント

小さな体操クラブから出てきた塚原夫妻を助けるような文書。
考えられるのは、レインボー体操教室に塚原夫妻の息がかかっているということです。

A社ことレインボー体操教室が塚原夫妻に取り込まれているのならば、こういった文書などが出てくるのにも納得です。

スポンサーリンク

朝日生命も関係が?気になる真実は

体操パワハラ問題で、速見コーチの行為を体操協会に告発していた「A社」がレインボー体操クラブだと判明しました。

さらに調べていくと、一連の問題には黒幕がいるのではないかと言われていました。
塚原夫妻のさらに上に、事態を操っている存在があったのではないか…ということです。

塚原夫妻が経営している体操クラブは「朝日生命体操クラブ」です。
運営・協賛はもちろん朝日生命保険相互会社

体操クラブで問題が出た時に動きを決めるのは運営会社だと言えます。
ということは…今回の騒動の黒幕は塚原夫妻ではなく、その上にいる朝日生命だと考えられますね。

こういった報道について、朝日新聞は否定をしていますが…
わざわざ否定しているのがより一層怪しく感じてしまいますね^^;

朝日生命,写真

まとめ

体操パワハラ問題で、新たに取り上げられている「A社」などについて調べてみました。

ワイドショーで体操協会への文書が公開されているA社は、レインボー体操クラブのようです。
また、今のところ黒幕と考えられているのは塚原夫妻ではなく朝日生命。

どんどん登場人物や団体も増えてきていますが、
これらの問題は2020年の東京五輪までにスッキリ解決されるのでしょうか?

今後の報道に注目したいですね。

スポンサーリンク