LINEで送る
Pocket

6月16日、卍ポーズで有名な敷田直人球審が交流戦の試合中に倒れるアクシデントがありました。

突如倒れて担架で運び出され、場内は騒然となり視聴者からも心配の声が上がっています。

今回は、敷田球審の容態などを調べてみました。

スポンサーリンク

敷田直人球審のプロフィール

卍ポーズで有名な敷田直人球審のプロフィールを紹介させていただきます。

【敷田直人(しきた・なおと)】

生年月日:1971年10月25日

出身地:福岡県

出身校:福岡県立八幡工業高等学校

■審判出場記録(2017年シーズン終了時)

初出場:2001年5月25日、横浜対ヤクルト8回戦(横浜スタジアム)一塁塁審

出場試合数:1202試合

オールスター出場:2回(2006年、2014年)

日本シリーズ出場:1回(2012年)

■来歴

高校卒業後、新日鐵君津に入社し捕手として3年間プレーしました。

この時のチームメイトには下柳剛さんや松中信彦さんがいます。

目立った結果は残すことなく1992年限りで退部、同時に新日鐵も退社しましたが、

野球への熱が冷め切らず、1994年に歯医者の待合室で見たスポーツ新聞で

「セ・リーグ審判員公募」の記事を見かけ応募、合格しました。

その後ブリンクマン・フローミング審判学校を経て

1996年から審判員となり、2001年に一軍デビューします。

多くの試合に出場し、

2015年9月12日の中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ第23回戦で

通算1000試合出場を記録しました。

この記録は現役審判員では25人目の達成となります。

■卍ポーズ

敷田球審は、「卍ポーズ」で有名な球審です。

それは、打者の見逃し三振の際に漢字の「卍」に見えるポーズをとることです。

敷田球審,写真

球審には個性的なポーズや声を発する人がいますが、敷田球審はまさにその代表例です。

独特の卍ポーズはファンの間でも人気が高く、近年は敷田球審目当てに観戦にくるファンがいるほど。

メディアでもたびたび取り上げられ、ご本人は、

「選手のプレイに花を添えるではないですけどそんなつもりでやっています」

と語っています^^

交流戦で倒れる!大丈夫?

6月16日、メットライフドームで行われた中日対西武の交流戦で、

敷田直人球審が突如倒れ試合が中断するアクシデントがありました。

7回1死二塁、西武秋山選手の打席でカウント2-2でした。

敷田球審は自らタイムをかけようと左手を掲げたのですが、

突如ふらつきバランスを立て直せず後ろ向きに倒れてしまいました。

打席の秋山選手と、捕手の中日・大野選手が異変に気づいてすぐに駆け寄り、

靴を脱がしたりベルトを緩めるなどの対応をし、

両軍のトレーナーや首脳陣も本塁付近に集まり、敷田球審は担架で運び出されました。

球場からは「頑張れ、頑張れ、敷田!」とコールも起きました。

その後球審は柳田審判員に交代し、試合は再開となりましたが、

球場のファンや、視聴者からは敷田球審を心配する声が上がっています。

敷田球審は大丈夫なのでしょうか?

現在の容態は?病気?

敷田球審が試合中に倒れ、ファンからは「大丈夫?」と心配する声が上がっています。

現在の容態はどうなのでしょうか?

目撃者などの証言によると、意識はあり会話はできる状態とのことです。

敷田球審は自ら担架から救急車に乗り換えて病院に向かったそうです。

意識があったということで、ひとまず安心です。

また、担架で運ばれた時点では、

まばたきをしたり手を動かしたりするなどの意識はあったという情報もあります。

その後球場内で処置を受けてから搬送されました。

搬送後の容態についてはまだ情報がありません。

持病があったのかも不明です。

また、敷田球審は数日前から体調が悪かったのではないかという声がありました。

ちょっと心配ですね・・

意識があったことがせめてもの救いです。

スポンサーリンク

倒れ方がやばい?動画

交流戦の試合中に倒れた敷田直人球審の容態について心配の声が上がっています。

観戦していた方からは「倒れ方がやばい」といった意見もありました。

・敷田球審の倒れ方やばない?大丈夫かよ……

・かなり怖い倒れ方してるように感じた

・敷田球審の倒れ方ヤバいやつだろ…無事を祈る

・嫌な倒れ方してるから大事に至らなけりゃいいけど

・フラフラっていうのでなくなんかすーーっと倒れた感じ、あかんやつやろ

倒れた時の動画はこちらです。

急に体が言うことをきかなくなってしまった感じでしょうか・・

ファンからは「またキレッキレの卍を見せて欲しい!」といった声が出ていますので、

1日も早い復活を祈るばかりです。

まとめ

敷田直人球審の現在の容態などを調べてみました。

ファンからは「倒れ方がやばい」「本当に大丈夫?」と心配の声が上がっています。

数日前から体調が悪そうな様子も確認されていたようです。

以前から、ファールボールが当たってもそのまま続行するなどプロ意識が高いことで有名な敷田球審。

恐らく今回もギリギリまで我慢されていたことでしょう。

またキレキレの卍を見せてほしいですね。

スポンサーリンク