LINEで送る
Pocket

4月11日、ドラマ「正義のセ」がスタートしました。

吉高由里子さんが1年半ぶりにドラマの主演を演じるということで注目されていますが、

初回放送後にはさっそく賛否の声があがっています。

みなさんの感想をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「正義のセ」あらすじ

吉高由里子さん主演のドラマ「正義のセ」は、日テレ水曜夜10:00~放送。

阿川佐和子さんの小説「正義のセ」が原作となっています。

あらすじを紹介します^^

主人公・竹村凜々子(吉高由里子)は、下町のお豆腐屋さん育ち。横浜地検で働く2年目の新米検事。

正義感が強く、よく笑い、よく泣き、よく怒り、そしてよく食べ、よく飲み、よく働く。不器用だけど仕事も恋も一生懸命。

周りを巻き込みながら、失敗しながらもまっすぐに事件に取り組み、

検察事務官・相原勉(安田顕)や先輩検事・大塚仁志(三浦翔平)に支えられながら、女性として強く成長していくストーリー。

重たい事件ものではなく、スカッと解決系の“元気になれる痛快お仕事ドラマ”ということで、

疲れがだんだん溜まってくる水曜日にスッキリした気分になれるドラマとなりそうです。

ヒーローのパクリでつまらない?

4月11日からスタートした吉高由里子さん主演ドラマ「正義のセ」に、初回放送後はやくも厳しい声があがっています。

・予想通りの展開だったわ

・HEROと99.9をミックスしてみましたって感じ

・HEROパクリ?の二番煎じ感がハンパない

・既視感の塊という感じ。よく言えば安心感があり、悪く言えばつまらない

・司法試験に受かったことすら信じられないバカっぽさ

みなさんHEROを思い出したようです。

HEROといえば、キムタク演じる正義感が強く型破りな久利生検事が主人公のフジテレビ月9の大人気ドラマ。

正義のセと比べてみると、

・検事もの

・主人公がすぐ現場に行く

・まっすぐすぎる検事が事務官の制止も聞かず1つの事件にのめりこむ

・同僚を巻き込む

など…たしかにHEROと被る部分がたくさんあります^^;

設定はそっくりすぎて「女版HERO」と言われていますが、どう差別化していくのか見ものですね~

スポンサーリンク

吉高由里子はやっぱり可愛い!

4月11日、ドラマ「正義のセ」がスタートしました。

初回放送後にはHEROのパクリ感が否めないとの意見がみられていますが、

吉高由里子さんが主演ということで楽しみにしている方も多いようです。

・正義のセ面白くないけど、吉高由里子の可愛さでフルカバーされてる

・正義のセみたら、吉高由里子が素敵すぎた

・正義のセめっちゃええやん。主に吉高由里子が可愛いってとこが見どころ

・吉高由里子めちゃくちゃ可愛い 最初タラレバ感あったけど検事ドラマおもしろい

さすが吉高さん、安定のかわいさで好評でした^^

また、主題歌は福山雅治さんの「失敗学」です。

吉高さんと福山さんのタッグはガリレオや美丘を思い出しますね。

「失敗する人が成功する」というエールが込められているというこの楽曲にも注目です!

吉高由里子,写真

まとめ

4月11日夜10:00スタートのドラマ「正義のセ」について、みなさんの意見をまとめてみました。

HEROのパクリとの声が多いですが、吉高由里子さんの可愛さでカバーできているようですね^^

吉高さん演じる凜々子の成長や、どのようにHEROと差別化していくのか、楽しみにしたいと思います!

スポンサーリンク