スポーツ

佐藤駿の実家の家族構成!出身の小学校・中学・高校も紹介するよ

次世代の羽生結弦選手に一番近い存在と言われている佐藤駿選手。

2019年のジュニアグランプリファイナルでは優勝し、男子フィギア界では期待の新星なんだとか。

そこで今回は、佐藤駿選手のルーツとなる実家の家族構成や出身校を紹介させていただきます。

佐藤駿のプロフィール

  • 名前:佐藤駿(さとう・しゅん)
  • 生年月日:2004年2月6日
  • 年齢:15歳(2019年現在)
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 身長:16センチ
  • 血液型:O型
  • 趣味:映画鑑賞、読書
  • コーチ:日下匡力さん・浅野敬子さん(2019年現在)
  • 元コーチ:浪岡秀さん
  • 憧れての選手:羽生結弦

佐藤駿選手の出身地は宮城県仙台市。

スケートを始めるきっかけは、2009年の5歳の誕生日に父親に連れられて行ったスケート場がきっかけと言われています。

そのスケート場は、荒川静香選手や羽生結弦選手を輩出した『アイスリンク仙台』。

また、そのときたまたま練習をしていた羽生結弦選手ペンダントをもらい、今でも試合で着用して挑んでいるとか!

コバネコ
コバネコ
これは憧れの選手になるはw

そして、佐藤駿選手がちょうど7歳の時に起こった東日本大震災で自宅が被災してしまい、関東に引っ越しするはめに。

その間の練習は『川越スケートセンター』に拠点を移して行っていたようです。

落ち着いたころに仙台に戻りますが、父親の仕事の関係で埼玉に引っ越し、2018年春からは、埼玉県上尾市にある『埼玉アイスアリーナ』で練習しています。

佐藤駿選手の大会成績

佐藤駿選手の過去の大会成績は下記の通りです。

  • 2019 ISUジュニアグランプリファイナル 優勝
  • 2019 ISUジュニアグランプリクロアチア大会 3位
  • 2019 ISUジュニアグランプリアメリカ大会 優勝
  • 2019 チャレンジカップ(ジュニア) 優勝
  • 2018 全日本フィギュアスケート選手権大会 12位
  • 2018 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 2位
  • 2018 全国中学校スケート大会 4位
  • 2017 全日本フィギュアスケート選手権大会 16位
  • 2017 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 6位

大会にでれば常に上位に入賞。

2019年、イタリア・トリノで開催された、ジュニアグランプリファイナルにてSP77.25点、FS177.86点、合計255.11得点で自己ベストを大幅に更新して優勝し日本人男子4人目の優勝者に。

今後の活躍が楽しみな選手であることは間違いないです!

スポンサーリンク

佐藤駿の家族構成

いまのところ父親と母親の3人家族といったことは分かっていますが、その他の情報はないようです。

ただ、佐藤駿選手がスケートの練習をするために送迎しなくてはならないので、父親は仕事しているということは分かっているので、母親は専業主婦だった可能性が高いと思われます。

情報が入り次第、追記させていただきます。

佐藤駿の出身地や出身校はどこ?

佐藤駿選手の出身地や出身小学校・中学・高校を紹介させていただきます。

実家は宮崎県仙台市

佐藤駿選手の実家は宮崎県仙台市になります。

佐藤駿選手の出身小学校

佐藤駿選手の出身小学校は、仙台市立高森小学校です。

佐藤駿選手の出身中学校

佐藤駿選手の出身中学校は、仙台市立高森中学校です。

出身は仙台市立高森中学校ですが、父親の都合により、埼玉県の埼玉栄中学校に転校しています。

なので、卒業したのは埼玉栄中学校になります。

佐藤駿選手の出身高校

佐藤駿選手の出身高校は埼玉栄高校在学中(偏差値48~65)になります。

スポンサーリンク