LINEで送る
Pocket

2019年4月1日、新元号が発表され話題になっています。

実質元号が変わるのは2019年5月1日からで、平成と呼ばれる時代は残り約1か月となりました。

新元号が発表され、気になるところはたくさんありますが、読み方のイントネーションが気になる方が多いと思います。

今回は【令和(れいわ)】のイントネーションについて調べてみました。

スポンサーリンク

「令和」のイントネーションはどうなる?

2019年4月1日に菅官房長官の口から新元号が発表されました。

実際に発表された際の動画がこちらです↓

【令和(れいわ)】

菅官房長官の発音が正しいとすれば【明治(めいじ)】のイントネーションに近い感じがしました。

ただ、菅官房長官は秋田県出身です。

記者会見などで話しているときに、たまに秋田弁なのか?訛りが出ていて聞き取りにくく感じるときもがあるんですよね。

また、テレビやメディアなどではさまさざまなイントネーションで呼ばれています。

ですので、正確には読み方さえあっていれば大丈夫なようです。

ネットでは「昭和派」と「明治派」に分かれる

新元号【令和(れいわ)】のイントネーションでネット上では「昭和派」と「明治派」に分かれています。

個人的にはどちらでもいいような気がしますが、気になる人は気になってしまうようです。

それではネットの声を聞いていきましょう!

まずは「昭和派」です。

続いて「明治派」です。

この通り、新元号【令和(れいわ)】のイントネーションで「昭和派」と「明治派」にハッキリ分かれています。

まだ発表されてから時間が経っていないので新元号【令和(れいわ)】のイントネーションは定まっていないようですね!

スポンサーリンク

令和の読み方は昭和と同じになる?

2019年5月1日から変わる新元号が【令和(れいわ)】だと発表されました。

と同じ漢字の「和」が新元号でも使われているので、てっきり昭和と同じ読み方をすると思いきやそれは少し違うようなんです。

その理由が分かる安倍総理会見の動画がこちらです↓
※安倍総理の【令和(れいわ)】の読み方に注目してお聞き下さい!

動画を見て下さった方は分かると思いますが、菅官房長官とも【令和(れいわ)】の読み方が少し違いますし、昭和と同じ読み方とも聞こえづらいです。

首脳人がたちでも違う読み方に聞こえるので本当に決まってないのでしょうね!

まとめ

2019年5月1日から変わる新元号【令和(れいわ)】のイントネーションについて調べてみました。

【令和(れいわ)】のイントネーションについては今のところどちらでも良いといったところでしょう!

また、時間が経つにすれ決まってくるのではないでしょうか!

スポンサーリンク