LINEで送る
Pocket

2019年4月1日の正午頃に新元号が発表されました。

発表された新しい元号は【令和(れいわ)】です。

国内ではかっこいいといった意見もあるいっぽう、海外メディアでは日本の新元号に対し疑問視する意見もあるようです。

今回は新元号について世間の評判や海外の反応を調べてみました。

新元号は「令和」

平成に代わる新しい元号が令和と発表されました。

この令和の由来は日本最古の歌集「万葉集」から起用され、中国の書ではなく日本の書から元号の出典なったのは初めてのようです。

そもそも今まで使われていた日本の元号が中国の書から選ばれていたというのが謎ですが、新たな試みとしては良いことだと思います。

また、細かい新元号の話は他ページでも紹介させていただいてますのでそちらもご覧ください。

関連記事:新元号・令和の文字を書いた人は茂住修身!出身や作品や教室を調査。

世間の評判は

今回、2019年5月1日から変更される新元号が発表されました。

「令和」以外にも「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほう)」「久化(きゅうか)」と候補は全部で6つあったようですね。

さて、ここで気になるのは世間の評判です。

この中で選ぶとするとやはり令和が一番かっこいいと思いますがどうなのでしょうか?

かっこいいとの声が多め

まずは評判の良い声からまとめてみました。

自分と同じで令和の元号がかっこいいと思うがいてよかったです。

ただ、中には批判する人もいるようですね…

一部では批判的な声も

発表当日はダサいという声もありましたが、一晩経って他の候補も発表されると否定的な声も減りました。

スポンサーリンク

海外の反応は

日本で新元号発表され盛り上がっているなか、海外の反応はどうでしょうか?

日本と関係の深いアメリカと中国の反応をまとめさせてもらいました。

アメリカ

・日本は次の天皇のために元号として令和を選んだ。

・日本の皇位継承は令和の時代と共に明ける。

・ 新しい時代の始まりをお祝いいたします。日米パートナーシップを強化できることを楽しみにしています!

 

中国

・中国語で発音したときの耳触りがいいので、とてもいいと思う。

・平和にするということで、いい元号、中国語でもいい音の響きだと思う。

・梅の花は中国の国花です。

・新年号は令和! おめでとうございます!

どちらかというと海外では評価するといった意見が多いように感じました。

こういったイベント事に対して素直にコメントできるのは文化が違えどいいですね^^

まとめ

新元号について世間の評判や海外の反応を調べてみました。

国内海外と色々な意見が出てきましたね!

ですが、世間の評判や海外の反応を見てみると高評価されているようにも感じます。

新元号が発表され馴染むまでには時間はかかりそうですが、新しい門出といったことで色々と楽しみではありますね!

スポンサーリンク