日本NEWS

天皇即位パレードの車の車種は何?オープンカーの金額8000万円は税金の無駄遣い?!

天皇陛下の車

台風19号で延期されていた『祝賀御列の儀』が11月10日に実施され、天皇皇后両陛下がお乗りになる御料車に注目が集まっています。

パレードに使用されたオープンカーは、なんと金額は8000万円。

破格の金額で「税金の無駄遣いではないか?」との声も上がっています。

今回は、天皇即位パレードの車の車種や、車にかかった費用についてのネットの意見をまとめてお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

天皇即位パレードに使用された車の車種は?

パレードに使用された車
  • 車種:トヨタ・センチュリー
  • 色:神威(かむい)エターナルブラック
  • 全長:5.34m
  • 全幅:1.93m
  • 価格:1960万円(税込納車時現在は1996万2963円)
  • 燃費:338cc

『祝賀御列の儀』で使用されるパレード用のオープンカーは、トヨタ・センチュリーをベースにオープン仕様に改造された車です。

ベースとなったセンチュリーの全長は5.33m全幅は1.93mとほぼ変わらないサイズ。

また、パレード終了後のオープンカーは、東京都港区の迎賓館と、京都市の京都迎賓館で一般公開される予定だとか。

スポンサーリンク

センチュリーを改造で金額は8000万円!?

天皇即位パレードに使用する車は沿道から天皇皇后両陛下を見やすくするためにオープンカーに改造するのが慣わしになっています。

ベースになった車はトヨタ・センチュリー

ベースになったトヨタ・センチュリーの画像

パレード用に改造されたオープンカー

パレード用オープンカーの画像

画像を見ると、シートを黒から白に張り替えたのと屋根をざっくり切り取ってオープンカー仕様にしています。

また、天皇皇后両陛下の姿を沿道から見やすくするために後部座席の座面を通常より4cm上げ、シートバックの角度は25度に固定しているようです。

もちろん他のパーツなども改造してると思いますが、トヨタ・センチュリーをベースに購入金額を含め8000万円もの改造費をかけたというのは驚きですw

因みに、通常ですとこのような特別な車はもしもの時のために2台用意するみたいなのですが、今回は1台しか用意されなかったみたいです。

コバネコ
コバネコ
台風で甚大な被害が出てるので、せめてもの配慮かな…

車に8000万円は税金の無駄遣いとの声も

天皇即位パレードに使用された車の金額8000万円は税金の無駄遣いとの声が上がっているようです。

税金の無駄遣いといった声が多くあがっています。

また、その税金を台風などで被災した方のために使った方が良いと言った声もあがっています。

日本は天皇制なのでこういったパレードにお金を使うのも分からなくはないですが、もう少し台風で被災した方のために国を挙げて税金を使って欲しいものです。

スポンサーリンク