LINEで送る
Pocket

5月23日夜、日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急会見を開きました。

宮川泰介選手の会見を受けて、真実が語られるか期待が集まりましたが・・

結局自分たちを保身するような内容で宮川選手の主張を否定するものでした。

今回は、日大の内田監督と井上コーチの会見について世間の反応などをまとめてみました!

スポンサーリンク

日大内田監督と井上コーチが緊急会見

5月23日、日大アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチが緊急会見を開きました。

今回の会見における一つの大きなポイントであった、反則行為を指示したかどうかについては、

22日に会見を開いた宮川泰介選手の主張と食い違いをみせました。

宮川選手は前日に「タックルは監督の指示」と説明。

内田前監督は「フィールドで起きたことは私の責任」としつつ、

「タックルをしろと言ったのは私の指示ではない」と否定しました。

井上コーチも「監督からQBを潰してこいと指示は飛んでない」として、

「私がQBを潰してこいと選手に言ったのは真実」と語りました。

しかしながら「相手に怪我をさせる意図はなかった」と、

指導側と選手の認識に乖離があったとの主張をしました。

会見を全て聞くと、日大側は「宮川選手が一人で勘違いしてしまった」と言いたいようでした。

ベッキーさんじゃないですが「勘違いで押し通す予定!笑」って感じですかね^^;

指導者側へさらなる不信感が募る2時間となりました。

視聴者からも、日大側を批判する声が多く上がっています。

会見の内容は嘘つきで最低?

日大アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチが緊急会見を開き、

悪質タックルの指示について言及しました。

宮川泰介選手は「監督とコーチから指示があった」と主張しましたが、

日大側は井上コーチの発言は一部認めたものの、内田監督の関与は否定。

明らかに嘘とも取れる苦し紛れの会見に世間からは厳しい声が寄せられています。

・会見見ても日大の監督とコーチ最低ですね!

・反則行為をさせた上に教え子を嘘つきにまでしようとしてるなんて・・・最低でしかない

・タックルした選手が嘘つきみたいになってるし。記者会見は最低の中の最低だった

・堂々と謝罪した彼を嘘つきのように扱えるなんて、頭がおかしいとしか思えない。

・人として、最低最悪。許せない。

20歳という若さで顔と名前を晒して会見に臨んだ、宮川泰介選手の気持ちを踏みにじる内容でしたね。

スポーツを教える場所、教育をする場所としての対応ではなかったと思います。

被害者の奥野選手や加害者の宮川選手、試合に出ていた他の選手などは今どんな気持ちなのでしょうか?

もう日大でアメフトをやりたい、日大と対戦したいという選手はどこにもいないかもしれませんね。

スポンサーリンク

至学館大学谷岡郁子学長に似てる?

日大アメフト部の内田正人監督の緊急会見の発言に「最低」「嘘つき」と批判の声が強まっています。

また、ここで数ヶ月前ニュースを賑わせたレスリング問題のある人物の名前が上がっています。

至学館大学の谷岡郁子学長です。

だいぶインパクトのあるパワハラ学長と、内田正人監督が似てると話題になっているのです。

画像を並べて見ても・・確かに兄妹と言われたら信じちゃうくらい似てる!

なんというか・・内面は人相に出るものですね。

対応の仕方も「パワハラはない!」「指示はしてない!」と自分が正しいと突き通す話し振りもそっくりです。

アメフト問題はどのように事態の収束を図るのか、

レスリング問題と比較しながら今後に注目していきたいと思います。

谷岡郁子,写真

まとめ

日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチの会見について世間の反応を紹介させていただきました。

宮川泰介選手の主張を否定した”言い訳”の内容に「嘘つき」「最低」といった声が飛び交っています。

井上コーチは一部自分の発言を認めてはいましたが、内田監督は一貫して自分の否を認めない姿勢でした。

これを見て「至学館大学の谷岡郁子学長に似てる」と感じた方が多いようです。

悪質タックル問題がどう解決していくのか、レスリング問題の時と比較して見ていきたいですね。

スポンサーリンク