LINEで送る
Pocket

日大アメフト部や延岡学園のバスケ部で問題となった悪質なラフプレー。

今度はハンドボールの試合で起こってしまいました。

今回は、浪商高校ハンドボール部でラフプレーをした犯人選手を特定していこうと思います。

スポンサードリンク

浪商高校ハンドボール部が悪質なラフプレー

またしてもスポーツ界で悪質なラフプレーが問題となっています。

大阪体育大学浪商高校のハンドボール部の選手が、

インターハイ予選にて桃山学院の選手に対して反則行為を行いました。

6月10日に行われた、インターハイ大阪予選の決勝戦で、

試合中に突然、ボールとは関係のない桃山学院の選手が崩れ落ちました。

その後に公開された動画を見ると、

浪商高校の選手が、相手選手のみぞおちに肘打ちを食らわせていました。

この他にも、前半には同じ選手に対して首を押さえつけるような動作も確認されています。

被害者選手はいずれも同じ選手で桃山学院のエース選手です。

ラフプレーに対して桃山学院の選手や監督は猛抗議しましたが、

審判はその犯行を見ていなかったためか、そのまま試合続行となりました。

試合は浪商高校の勝利となり、全国大会の出場権を得ました。

ラフプレーについては、浪商高校側は「故意ではない」と主張しています。

果たして、肘打ちや首絞めなどのラフプレーはわざとだったのでしょうか?

試合前日に犯人選手が犯行予告?

浪商高校のハンドボール部の生徒がラフプレーが故意であったかについて、

現在、対戦相手の桃山学院と意見が食い違っています。

さらに調べてみると、なんと試合前日に、

浪商高校の犯人選手がインスタグラムなどで”犯行予告”をしていたことが分かりました。

犯人の選手はインスタグラムで、

「ぶっ殺す」などと過激な言葉で明日の試合について語っていました。

さらに、ハンドボール部のグループLINEでは、

相手選手の名前まで出して過激な発言をしていたと言います。

浪商高校側はこの事実を認めた上で、

「あくまで悪ふざけ」だとラフプレーは故意ではなかったと主張しています。

ここまできて「故意ではない」というのは無理がありますよね^^;

犯人選手や浪商高校に対しては、しかるべき処置をとっていただきたいですね。

スポンサードリンク

反則選手を特定?インスタやツイッターは?

浪商高校ハンドボール部で反則行為をした選手を特定していきます。

インスタやツイッターについても調べてみようと思います!

まず、試合前日にインスタグラムで犯行予告をした選手について。

インスタで「ぶっ○す」と言い放った選手は・・

蔦谷大雅(つたや・たいが)さんです。

浪商高校では背番号14番で、ユース選手にも選ばれるほど実力もある方です。

蔦谷大雅さんのインスタやツイッターはこちらです。

インスタ→大雅

ツイッター(スポーツ用?)→蔦谷大雅

ツイッター(プライベート用?)→たいが

メディアにこの問題が取り上げられるようになってから、

鍵付きのアカウントになってそうです。

ということは、本人も「まずいことをした」という自覚があるのでしょうか?

蔦谷さんは、首を絞めるような動作をしたことが確認されています。

肘打ちをしたのは別の選手のようです。

学校関係者の話によると、

「蔦谷大雅さんは、肘打ちはしていない」

とのことです。

あくまで”肘打ち”については他の選手が行なったということです。

ただ、肘打ちはしていないにしろ、

インスタや首絞めについては否定をされていません。

まだまだ追求をする必要がありそうです。

ここまで酷いと、もしかしたら日大同様監督から指示があったのかと疑いたくなります。

浪商高校の今後の対応に注目したいと思います。

※当サイトの記事は当該選手を特定するものではありません。

蔦谷大雅,写真

まとめ

浪商高校ハンドボール部で悪質なラフプレーをした犯人を特定しました。

犯行予告をした選手は蔦谷大雅さんというエース選手でした。

しかし、肘打ちをしたのはまた別の選手だそうです。

インスタやツイッターはまだアカウントが残っていますが騒動を受けて鍵付きとなったようです。

今後は監督の指示があったのかどうかも焦点になってくると思いますので、

報道に注目したいと思います。

スポンサードリンク