LINEで送る
Pocket

2010年に発売された倖田來未さんが歌う「め組のひと」が、

10代の若者を中心にブームとなっているようです。

原曲は30年以上前のものですが・・なぜ再ブレイクしているのでしょう?

今回は「め組のひと」の再ブレイクについてまとめてみました。

スポンサードリンク

倖田來未「め組のひと」が再ブレイク!

人気女性シンガー倖田來未さんの歌うカバー曲「め組のひと」が再ブレイクしているそうです。

この曲が発表されたのは、2010年。

倖田さんが歌うカバーアルバム「ETERNITY~Love & Songs~」の収録曲としてリリースされました。

購入はこちら↓(画像クリックで楽天サイトへジャンプします)

もともと1983年にリリースされたこの楽曲。

倖田來未さんのアルバムの発売から8年たった2018年6月7日、

「め組のひと」が、「LINE MUSIC」のデイリーチャート5位に突然浮上しました。

この週のウイークリーランキングでも最新曲に交じり7位となり、思わぬ再ブレイクとなっています。

ネットでも瞬く間に話題となっており、

「ダンシングヒーローの再来」とも言われているようです。

夏の海を歌った「め組のひと」が2018年の夏にヒットの予感です^^

なぜブーム?理由はtiktok!

倖田來未さんの歌う「め組のひと」が再ブレイクとなっています。

2010年にリリースされた曲がなぜいまブームとなっているのでしょうか?

調べてみると、ブームの理由は今10代を中心とした若者に大人気の

リップシンクアプリ「Tik Tok」でした。

「Tik Tok」は音楽に合わせて口パクをしたり、自撮りで踊るのを楽しむアプリです。

Twitterなどの広告でも最近よく見ますよね〜^^

このTikTokで2018年5月末ごろから、

「め組のひと」を早回しした曲で踊る動画が投稿され始めて、ブームとなっているようです。

「TikTok」内でも人気の”インフルエンサー”たちが投稿したことで一気に拡散されて、

多くの若者がこの曲を踊る動画を投稿しています。

6月現在では、実に45万人以上が「め組のひと」の動画を投稿するほど人気となっています!

LINE MUSICの広報によれば、この「TikTok」の影響力は大きく、

このアプリでブームになった曲はランキングで急上昇する傾向があるそうです。

懐かしい曲&ダンスという組み合わせだと、

やはり荻野目洋子さんの「ダンシングヒーロー」を踊った登美岡高校ダンス部の印象が強いですが、

「め組のひと」はそれに比べて振り付けも簡易的なのでチャレンジしやすいのが特徴です。

もしかしたらダンシングヒーロー以上のヒットとなるかもしれませんね^^

今年は倖田來未さんへの音楽番組のオファーも増えそうです。

スポンサードリンク

原曲は?

「TikTok」でのブームにより、再ブレイクとなっている「め組のひと」ですが、

原曲は倖田來未さんではないんです。

1983年に発売された本家「め組のひと」は、

鈴木雅之さん率いる「ラッツ&スター」というグループの楽曲です。

め組のひと,写真

私たちからしたら当たり前なのですが、若い世代では原曲を知らない人が多いそうです。

「TikTok」の動画を見てみると、楽曲は倖田來未さんのものを使っていますが、

振り付けはラッツ&スターのものと同じでした^^

知らず知らずのうちに原曲の影響を受けているようです。

おそらく最初に投稿した方は原曲を知っていたのでしょうね。

原曲の購入はこちらから↓(画像クリックで楽天サイトへジャンプします)

まとめ

倖田來未さんの「め組のひと」の再ブレイクについてまとめてみました。

2010年に発売された楽曲が再ブレイクとなった理由は、

若者に人気のアプリ「TikTok」でのブームでした!

思いもよらないところから再ブレイクをしていました^^

ダンシングヒーローよりも振り付けが簡単で真似しやすいので、

この夏は流行しそうですね!

スポンサードリンク