LINEで送る
Pocket

12月2日、2018年の「M-1グランプリ」決勝戦が行われ、霜降り明星のお二人が史上最年少優勝を果たしました。

「平成最後のM-1」ということで注目度も高かった本大会は、点数をつけた審査員について賛否の声が上がっていました。

特に上沼恵美子さんについては視聴者からも批判的な声が多かったのですが、それは出演者も同じだったようです。

M-1放送終了後、スーパーマラドーナの武智さんがインスタに投稿したある動画が大きな話題となっています。

今回は、スーパーマラドーナ武智さんととろサーモン久保田さんによる上沼恵美子さん批判動画についてまとめてみました。

スポンサーリンク

M-1打ち上げ動画が話題に

2018年のM-1グランプリは霜降り明星が優勝し、幕を閉じました。

放送終了後は出演者の方々では打ち上げが行われていたようで、決勝戦に出場したスーパーマラドーナの武智さんが打ち上げの様子をインスタでライブ配信しました。

ですが、このライブ配信が「やばすぎる」と大きな話題となっています。

まずは動画をご覧ください。

撮影者はスーパーマラドーナの武智さんです。

動画では、とろサーモン久保田さんと武智さんが審査員の上沼恵美子さんを批判していますね。

上沼恵美子さんといえば「西の女帝」として有名な女芸人のトップの君臨する方です。

M-1においては、2007年から2009年、そして2016年以降、審査員として出演しています。

上沼恵美子さんは番組冒頭から「ミキ」のことがお気に入りだと話、敗者復活枠としてもミキに上がってきてほしいと話していました。

そして実際にミキが決勝へ進むと、98点という高得点をつけました。

ミキがスーパーマラドーナの点数を上回り、この時点でスーパーマラドーナの敗退が決定となりました。

スーパーマラドーナにとって最後のM-1だったため、かなり悔しい思いをしたことから今回の動画の言動に繋がったのでしょう。

現在はこちらの動画は削除されていますが、放送後から拡散が始まりすでにネット上では大きな話題となっています。

とろサーモン久保田とスーマラ武智が上沼恵美子批判?

とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんによる上沼恵美子さん批判が話題になっています。

動画では、最初に昨年のM-1王者のとろサーモン・久保田さんが泥酔した様子で審査員についての批判を述べました。

それに続いて動画の撮影者であるスーパーマラドーナの武智さんも同調し、批判を繰り返しました。

上沼恵美子さんがミキをひいきしていたことや、好みの芸人以外には批判的な言葉が多かったことから出場者もストレスが溜まっていた模様です。

個人的には言いたいことも分かる気がしますが、わざわざインスタライブで配信する必要はなかったのではないかと思います。

明石家さんまさんも「売れるために必要なのは”品”」と話していたことがありました。

これを見る限り、動画に写っている方々には品は感じませんね。

また、久保田さんと武智さんが中心となって上沼さん批判をしていましたが、ちょろっと写っていた芸人さんたちにも風評被害がありそうで心配です。

特に、和牛の水田さんなんかは来年も出場の可能性があるので、可哀想な気がしますね。

世間の反応は

とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんによる上沼恵美子さん批判についての世間の反応を見てみましょう。

やはり「配信する必要がない」という意見が圧倒的に多いですね。

配信直後は「よく言った!」という声もありましたが、だんだんと批判の声の方が強まってきています。

また、武智さんの「オバハン」「更年期障害」という言葉選びに関しても厳しい意見が寄せられています。

確かに、久保田さんの発言のみならば「相変わらずだなあ」で終わったかもしれませんが、武智さんの発言はアウトですね…

スーパーマラドーナは今回のM-1が最後だったわけですが、この動画で自らの首を絞めることにならなければいいですね。

Twitterで謝罪へ

12月4日、M-1の打ち上げ動画が拡散されたことを受け、とろサーモンの久保田かずのぶさんとスーパーマラドーナの武智さんがそれぞれ自身のTwitterで謝罪をしました。

事務所に言われたから謝った感が満載な気がするのは私だけでしょうか…(笑)

「ワイドナショー」あたりで松本人志さんは触れてくれるのかにも注目したいと思います。

まとめ

M-1放送終了後に話題になっている、とろサーモン久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんにより上沼恵美子さん批判動画についてまとめてみました。

ミキ贔屓の審査は確かに疑問が残りましたが、上沼恵美子さんの特典を引いてもスーパーマラドーナが負けていたのは事実です。

悔しい気持ちも、文句を言いたくなる気持ちもあるでしょうが、動画を撮影して配信してしまったのは擁護できませんね。

スポンサーリンク