LINEで送る
Pocket

2018年の大晦日に放送されるNHKの「紅白歌合戦」。

毎年出場歌手が話題になりますが、中でも”ジャニーズ枠”の注目度は高いですね。

今年は5月にデビューした「キンプリ」ことKing&Princeのデビュー1年目での出場に注目が集まっています。

ファンの間では「キンプリとHey!Say!JUMPが枠争いになっている」という噂も流れており、ジャニーズ内での出場枠争いが激化しているようです。

そこで今回は、キンプリとHey!Say!JUMPの紅白出場争いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

2018年紅白のジャニーズ枠が気になる!

2018年大晦日に放送される紅白歌合戦の出場歌手に注目が集まっています。

中でも毎年話題になるのは「ジャニーズ枠」と呼ばれるジャニーズ事務所の出場歌手です。

元々は2008年までSMAPとTOKIOの2枠でしたが、SMAPが最後に出場した2015年には、Sexy Zone、関ジャニ∞、TOKIO、嵐、V6、SMAP、近藤真彦と、過去最多の7組が出場していました。

しかしながらこの2015年の7枠をピークに、1枠ずつ減ってしまっている現状があります。

2017年放送の第68回では、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、関ジャニ∞、TOKIO、嵐の5組となりました。

そして今年は毎年安定して出場していたTOKIOは山口達也さんが脱退し、出るにも出られない状況。

ですから、さらに1枠が削られて4枠になるのではないかと見られています。

4枠にどのグループが入るのかを予想していくと、

①嵐

②関ジャニ∞

③SexyZone

この3組は確定と言われています。

は2009年の初出場から今年で10回目、グループとしてもデビュー20周年のアニバーサリーイヤーです。

ここ数年はメンバーが順番に司会をこなすなど出場しない理由が考えられません。

続いて関ジャニ∞は2012年から連続出場しており、渋谷すばるさんの脱退こそありましたが嵐に次ぐ人気を集めるグループです。

そしてSexyZoneは今年で6回目の出場となります。

今年は日テレの「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを務めるなど、知名度も人気も確実に上がってきています。

ジャニー喜多川社長の”推しグループ”でもあることから、出場は濃厚でしょう。

以上の3組はほぼ確定と言えるので、注目は残りの1枠ですね。

関係者によると、この1枠には

・Hey!Say!JUMP

・King&Prince

この2組の名前が上がっているようです。

どちらが出場することになるのか、出場歌手の発表が楽しみですね!

キンプリとJUMPどっちが出場?

2018年の紅白歌合戦の”ジャニーズ枠”の出場歌手に注目が集まっています。

関係者の中では、嵐、関ジャニ、セクゾの3組は確定で残り1枠に2つのグループの名前が上がっているといいます。

Hey!Say!JUMPは、2007年にデビューし昨年やっと紅白初出場となりました。

ここ最近は個々の活動も目立ち、知名度も高いグループですね。

嵐、関ジャニを担当するジュリー(藤島)副社長が、彼らの後釜にと売り出しているのがJUMPだとも言われていますので、事務所のプッシュは大きそうですね。

続いてKing&Princeは、今年5月に発売したデビューシングル「シンデレラガール」がセールス60万枚を超えるなど鮮烈なデビューを飾った新星です。

彼らのためにプライベートレーベルまで新設されるなど、ジャニーズを背負う次世代グループと期待されています。

ジャニー社長が今一番注目しているグループということなので、デビュー年に初紅白出場で一気に波に乗らせたいところでしょう。

キンプリのデビュー間もない頃は「JUMPが優勢」とされていましたが、現在の爆発的な人気や話題性、そして事務所の猛プッシュを考えるとキンプリの可能性も捨て切れません。

また「ヒット曲」という観点からいくと、デビュー曲「シンデレラガール」が大ヒットしたキンプリは強いと思います。

正直、Hey!Say!JUMPの今年リリースした曲って…思い浮かびませんからね^^;

どっちが出場することになるのか、どんな観点から選ばれるのかが気になりますね。

ファンの間でも枠争いが話題に

キンプリとHey!Say!JUMPの紅白出場を巡り、ファンの間では争いが激化しているようです。

ファンの声を見てみると、数はHey!Say!JUMPに出場してほしい派の意見が多いです。

Hey!Say!JUMPは昨年デビュー10年目にしてやっと紅白に初出場となりました。

ファンとしても、デビュー1年目のキンプリがいきなり紅白に出場するのは「まだ早い」という気持ちあるようです。

年功序列的な価値観が強いのでしょうか…^^;

また、今年は”平成最後の年”ということもあり、なおさらHey!Say!(平成)JUMPには出場してほしいという思いが強いことも分かりました。

ただ、Hey!Say!JUMPのファンが「キンプリはまだ早い!事務所が推しすぎ!」とキンプリを批判するような声も目立ちます。

ファン同士の争いが激化しており、発表後は出場がどちらに決まっても炎上しそうな予感です。

スポンサーリンク

岩橋玄樹と岡本圭人不在でどうなる

キンプリとJUMPの紅白出場枠の争いが激化しています。

最近はキンプリが優勢かと思われていましたが、”ある発表”をきっかけに枠争いは再度振り出しに戻ることなったのです。

キンプリ岩橋玄樹が活動休止を発表

紅白の枠争いを振り出しに戻したのは、キンプリのメンバーの活動休止発表でした。

10月26日、キンプリのメンバー・岩橋玄樹さんの活動休止が発表されました。

岩橋さんは、10月19日に放送されたフジテレビのドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」で、長年パニック障害と戦っていることを告白しました。

幼少期にパニック障害を発症し、これまで病気と向き合いながら芸能活動を続けてきたと言います。

そして、26日に事務所が活動休止を発表。

今年5月にキンプリのメンバーとしてデビューし、周囲の環境が大きく変化したことで心身のバランスを保つことが難しくなってしまったそうです。

休養は11月初旬からということで、出演が発表されていた舞台の出演も見送り。

デビューしたばかりのキンプリは、しばらく5人で活動することとなりました。

Hey!Say!JUMPは岡本圭人が留学中

キンプリの岩橋玄樹さんが活動休止を発表し、一人欠けた状態での活動が余儀無くされました。

しかしながら、これはHey!Say!JUMPも状況は同じです。

現在Hey!Say!JUMPは、メンバーの岡本圭人さんが活動休止中です。

岡本圭人さんは、今年の9月からアメリカの「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」のニューヨーク校という演劇学校に2年間の留学をしています。

その間は当然グループおよび芸能活動を休止しています。

どちらのグループもメンバーが一人欠けた状態なのです。

安定感のHey!Say!JUMPか

岩橋玄樹さんが欠けたキンプリ、岡本圭人さんが欠けたJUMP、どっちが紅白に出場することになるのでしょうか…

一人欠けた状態でのパフォーマンスの安定感などを考えると、ベテランのHey!Say!JUMPが間違いがないのではないかと考えられます。

デビューしたばかりのキンプリが1人欠けた状態で紅白の舞台に立つというのは不安が残ります。

岩橋さんが復帰したのちに初出場をさせる、という流れの方が自然ですね。

一方でHey!Say!JUMPはグループ活動も10年を越え、個々のキャリアを考えてもジャニーズ内でも中堅に差し掛かってきています。

話題性や注目度で考えると圧倒的にキンプリですが、大舞台での生放送での安定感を考えるとHey!Say!JUMPが優勢かもしれませんね。

キンプリ,JUMP,写真

まとめ

2018年の紅白歌合戦の”ジャニーズ枠”についてまとめてみました。

嵐、関ジャニ、セクゾに続く出場歌手はHey!Say!JUMPかキンプリのどちらかになると見られています。

どちらのグループもメンバーが一人欠けた状態ということで、事務所としても判断が難しいところでしょう。

NHK側としては話題性や視聴率への影響を考えるとキンプリが欲しいところだと思いますが、安定感を取ればHey!Say!JUMPでしょう。

ファンの争いも激しくなっていますので、両方出場させるのが一番平和な道ですが…

どっちが出場することになるのか、発表を待ちましょう!

スポンサーリンク