LINEで送る
Pocket

競泳の池江璃花子選手(18歳)が白血病と診断されたことを公表されました。

東京五輪での金メダルも期待されていた池江選手の突然の発表に、国内外に激震が走っています。

そこで今回は、池江璃花子選手の東京五輪はどうなるのか、復帰時期などを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

池江璃花子が白血病公表

2019年2月12日午後2時、競泳の池江璃花子選手が自身のTwitterを更新しました。

オーストラリアで合宿中だった池江璃花子選手ですが、合宿へ向かう前から体の異変を感じていたと言います。

合宿の1ヶ月ほど前から調子が悪く、泳ぎもしっくりこなかった状態だったんだとか。

そして合宿中、肩で呼吸するような動作や泳ぎの崩れから体調不良として練習を切り上げ、ゴールドコーストの日本人医療センターに行き、血液検査・心電図を行いました。

現地のドクターから「早く帰国して再検査をしたほうがいい」という説明を受け、予定より2日早い、2月8日に帰国。

日本の病院で再検査をした結果、白血病という診断が下されたそうです。

発見については「早期発見」だったと言われています。

専門家によると「肩で息をする状態」が赤血球が足りなくなる貧血とみられており、白血病の症状としてぴったり合てはまるそうです。

現在、池江選手は治療のため入院中とのこと。

復帰時期などについては明かされていません。

関連記事:池江璃花子の入院先病院はどこ?治療は東京都内の大学病院が有力か!

東京五輪出場はどうなる?

日本の競泳界のエース・池江璃花子選手が白血病の治療に専念することが報じられました。

池江選手といえば、16歳という若さでリオ五輪にて日本人として初めて7種目出場という記録を打ち立てた「日本の宝」。

そんな池江選手が白血病にかかり、本人の病状とともに「東京五輪への出場はどうなるのか?」と心配する人も多いのではないでしょうか。

ここでは、池江選手の東京五輪出場の可能性について調べてみました。

特別な救済措置はなし

池江璃花子さんが白血病を公表した2019年2月12日、日本水泳連盟が記者会見を開きました。

日本水泳連盟の上野副会長は、池江選手について2020年の東京五輪出場へのための救済措置を講じない方針を示しました。

東京五輪出場には、2019年7月の世界選手権で優勝、または2020年4月の日本選手権で選考基準をクリアする必要があります。

2020年4月の日本選手権出場は、2019年度で参加標準記録を上回るのが条件となります。

復帰時期が見通せない池江選手にとって大変厳しい条件。

ですが、池江選手ひとりに特別な措置は用意しない予定とのこと。

池江選手が離脱したことで、日本競泳界に暗雲が立ち込めました。

個人競技だけでなくリレーについても、東京五輪の出場枠を確保するためには2019年7月の世界選手権で12位以内が条件です。

池江選手は女子400メートル、800メートル、400メートルメドレー、男女混合リレーの4種目に出場する可能性が高いとされていました。

上野副会長も「池江抜きのリレーは厳しい。」と語っています。

池江選手の早期復帰、そして他の選手の奮闘に期待しましょう。

池江璃花子,画像

ポイントは急性か慢性か

白血病は大きく分けて4つに分類されます。

細かくいうと11タイプに分かれるのですが、ざっくり分類すると…急性or慢性、そして骨髄性orリンパ球性の4タイプに分けられます。

急性白血病 急性骨髄性白血病
急性リンパ球性白血病
慢性白血病 慢性骨髄性白血病
 慢性リンパ球性白血病

池江選手の病名は明らかにされていませんが、専門家の見解では急性骨髄性白血病である可能性が一番高いと言われています。

急性骨髄性白血病の場合、早期発見・治療は重要で完治の可能性もグッと高くなるんだとか。

池江選手はハードなトレーニングをして体に負荷をかけていたため、体に必要になる酸素の量が増え、普通の人よりも白血病の症状(貧血など)が出やすい状況にあったとも考えられます。

そういった意味では、普通の人よりもさらに早期発見であったと言えますね。

白血病は種類によっては、30年前なら95%の人が命を落としていたものの、現代は「95%が治る病気」になっています。

医療も劇的に進歩しているため、池江選手も早期復帰の可能性も大いにあるということです。

スポンサーリンク

結局、復帰は間に合わうのか?

池江璃花子選手が白血病の治療に専念することが分かりました。

詳しい白血病のタイプなどは明かされていないため、病状や治療方法については特定ができません。

結局のところ、東京五輪は間に合うのでしょうか?

急性リンパ性白血病の治療期間のデータを見ると、患者の約8割が2〜3年の治療で完治に向かっていることが分かりました。

さらにその中でも経過が早い人で半年〜2年程度の治療期間だそうです。

東京五輪は1年後ですから、今からの治療で選考会や大会に間に合うのは難しいことが分かります。

とは言ってもまだまだ若い選手なので、次の五輪を目指すのもありでしょう。

そして、まずは五輪よりも何よりも命が一番大事です。

競泳に復帰するにしてもしないにしても、元気な姿で戻ってきてくれることを願うばかりです。

池江璃花子,画像

まとめ

競泳の池江璃花子選手について、東京五輪には間に合うのかどうかを調べてみました。

池江選手の白血病のタイプは急性骨髄性白血病と見られています。

治療期間人ついては平均して2〜3年、早い人で半年〜2年ほどと見られていますので、東京五輪までの復帰は難しいと考えられます。

まだ若い選手ですので、東京五輪にこだわらなければ今後活躍の機会はたくさんあるでしょう。

無理やり治療期間を縮めたり、リハビリをハードにすることのないよう、ケアをしてあげてほしいですね。

スポンサーリンク