LINEで送る
Pocket

「花のち晴れ」に超人気モデルのメグリン役で出演している飯豊まりえさん。

飯豊さんも、若い女性に人気のモデルさんということで支持する声が多いと思いきや、

作品のキャラクター像にあっていないと批判的な声が寄せられているようです。

今回は「花のち晴れ」でメグリン役を演じる飯豊まりえさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

飯豊まりえのプロフィール

「花のち晴れ」でメグリンこと西留めぐみを演じる飯豊まりえさんのプロフィールを紹介させていただきます。

【飯豊まりえ(いいとよ・まりえ)】

本名:飯豊万理江

生年月日:1998年1月5日

出身地:千葉県千葉市

身長:167cm

血液型:B型

所属事務所:エイベックス・マネジメント

飯豊まりえ,写真

■略歴

2008年7月、alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス、及びPV出演し、デビューしました。

2008年10月12日、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にて応募総数約800人の中からグランプリを受賞。

翌年4月号の『ニコ☆プチ』で誌面に初登場しました。

そこから人気モデルとなり、『ニコ☆プチ』での表紙回数は当時最多および歴代3位の6回でした。

2011年6月号から『ニコ☆プチ』の姉妹雑誌にあたる『nicola』に移籍し、専属モデルを勤め、

2014年5月号での卒業までに、12回の表紙(内単独回数1回)を飾りました。

女優としてのデビューは、2012年。

2012年4月放送の『世にも奇妙な物語 ’12春の特別編』(フジテレビ系)でドラマデビューしました。

それからは2016年ドラマ『好きな人がいること』、2017年映画『暗黒女子』、2017年ドラマ『マジで航海してます。』

などに出演し、女優としてのキャリアを積んでいます。

■人物

憧れのモデル:女優は戸田恵梨香さん、鈴木えみさん、ラブリさん、アンジェラベイビーさん。

好きなブランド:Ungrid、Acne Studios。

趣味:読書、人間観察、一眼レフで写真(空・風景)を撮ること

好きなキャラクター:スヌーピー

芸能界で仲の良い友人は、玉城ティナさん。

同じ高校に通っていた同級生で、お互い高校を卒業した時に映画で共演するのを目標としていたそうです。

2017年4月1日公開の映画「暗黒女子」で念願の共演を果たしました。

関連記事はこちら⇒飯豊まりえはかわいくないし性格悪そう!役柄のせい?演技がうまい?

メグリン役は可愛くないから無理?

ドラマ「花のち晴れ」で人気モデルのメグリンを演じている飯豊まりえさんに注目が集まっています。

どちらかと言われれば地味顔の飯豊まりえさん。

人気モデルのメグリンを演じるのは、華がなくて無理なのではないかと言われているようです。

・みんなの憧れ設定が飯豊まりえって無理がある

・愛莉は可愛いのにメグリン可愛くないから好きじゃない

・メグリン役可愛くないけど誰?

・愛莉は可愛いからいいけどメグリンは可愛くないから無理

・可愛いけど地味顔なんだよな、、花晴れ派手顔ばっかだからかわいそう

・愛莉も、音ちゃんも可愛いし許せるけど飯豊まりえはなんか無理可愛くないしなんか受け付けない

「可愛くない」という声がかなり多いですね〜

「花のち晴れ」に出演するまではここまでバッシングはありませんでしたが、

やはり人気作品ということで、視聴者の目は厳しくなってしまっているようです。

私は笑顔に愛嬌があって可愛らしいな、と思いましたが・・^^;

次回からメグリンが本格的に物語に絡んでくるようなので、演技が上手ければ評価も変わるかもしれませんので頑張って欲しいです!

スポンサーリンク

花のち晴れ原作と違う?

「花のち晴れ」でメグリン役を演じている飯豊まりえさんが、原作のキャラクター像と違うと話題になっています。

「メグリン可愛くない」「飯豊まりえじゃ無理がある」と言われているのはどういうことなのでしょうか?

花のち晴れのメグリンがどんなキャラクターなのか調べてみました。

【西留めぐみ(にしどめ・めぐみ)】

ホテル経営者の娘で、大人気のカリスマモデル。愛称・メグリン。

お風呂場で晴と偶然初対面。

ハマっているソシャゲのキャラが晴に似ていることから、晴に興味を持つが後に本当に彼のことを好きになる。

手作りのお弁当を届ける等猛アタックするが、かなりの料理ベタ。

その後の結果はドラマのネタバレにもつながってしまうので、書かないでおきますね^^

原作のメグリンは、大人気のカリスマモデルで誰もが羨む美少女という設定です。

ドラマでも、音が働くコンビニに並んでいる雑誌の表紙は全部メグリンでした。

超絶美少女であることがメグリンの最低条件のようですが、ここが飯豊まりえさんには足りないと言われているようです。

実写化するにはハードルが高すぎるキャラクターだったんですね^^;

前作の「花より男子」の恋のライバル役には滋役の加藤夏希さんや、

加藤夏希,写真

海役の戸田恵梨香さんなど、

戸田恵梨香,写真

ビジュアルのレベルが高い女優さんが出演していましたから、視聴者の期待も上がってしまっていたんだと思います。

庶民感もある江戸川音役の杉咲花さん、わがままな美少女の真矢愛理役の今田美桜はピッタリと評価が高いだけに、

飯豊まりえさんだけが原作とかけ離れているという印象も強いみたいです。

スポンサーリンク

晴との出会いも原作と違う?

ドラマ「花のち晴れ」第4話で、ついにメグリンと晴が出会いました。

メグリン役の飯豊まりえさんが原作と違うと言われていますが、

晴との出会いのシーンも原作と違うと話題になっています。

原作はお風呂場でしたが、ドラマではパーティー会場での出会いです。

さすがにお風呂というのは、ドラマで再現するのは過激で難しかったのでしょう。

晴を演じる平野紫耀さんもジャニーズで人気のタレントさんですから、

お風呂のシーンなんて作ったらファンが発狂しちゃいますしね^^;

メグリンは誰なら良かった?

「花のち晴れ」のメグリン役が飯豊まりえさんなのは原作と違うと言われているようです。

では、誰なら良かったのでしょうか?

大人気のカリスマモデルの美少女を演じられる、高校生役ができる年代の女優さんはいるのでしょうか?

ネットの意見を見てみると、

・中条あやみ

・広瀬すず

・吉川愛

・橋本環奈

・平祐奈

年齢が関係なければ、

・こじはる

・山本美月

という声がありました。

個人的には「大人気モデル」という部分だけで考えれば、中条あやみさんが適任だったのではないかと思います。

飯豊まりえ,写真

まとめ

「花のち晴れ」でメグリン役を演じている飯豊まりえさんについてまとめてみました。

原作が大人気モデルの美少女というハードルの高いキャラクターなので、

視聴者からは「可愛くない」「メグリンは無理」「原作と違う」という声が寄せられています。

誰もが羨む美少女という部分では、厳しいかもしれませんが、演技で挽回してくれることを期待しましょう!

スポンサーリンク