LINEで送る
Pocket

嬉しいニュースが舞い込んできました!

10月1日、京都大高等研究院特別教授の本庶佑さんがノーベル医学生理学賞を受賞されました!

ノーベル賞の授賞は2年ぶりで26人目となり、授賞式は12月10日にストックホルムで開催されます。

また、ノーベル医学生理学賞の賞金金額は900万スウェーデン・クローナ、日本円で約1億1500万円が本庶佑さんに送られます。

暗いニュースが多い中こういった明るい話はやはり良いですね~

今回は本庶佑さんがノーベル医学生理学賞を受賞した内容にも触れながら賞金金額の使い道などを検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

本庶佑ノーベル賞受賞!

10月1日、京都大高等研究院特別教授本庶佑さんがノーベル賞を受賞されました!

日本人でノーベル賞を授賞されるのは26人目2年ぶりの出来きごとに話題になっています。

今回のノーベル賞授賞者は本庶佑さんの他にもう一人、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授に送られるようです。

本庶佑さんのノーベル賞授賞理由としては免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質【PD-1】を発見し、

このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新タイプの【がん免疫療法】の開発に結びつけた功績が大きく評価されたことのようです。

同じ日本人としてこんなにも嬉しいことはないですね!

本庶佑さんの長年の研究結果が評価されました!本当におめでとうございます。

本庶佑のプロフィール

ノーベル賞を受賞された本庶佑さんのプロフィールを紹介します。

名前:本庶佑(ほんじょたすく)

生年月日: 1942年1月27日

年齢:76歳(2018年現在)

生まれ:京都府京都市

出身校:京都大学

本庶佑さんの主な授賞経歴は下記の通りになります。
・朝日賞(82年)
・ベルツ賞(85年)
・ベーリング・北里賞(92年)
・ロベルト・コッホ賞(12年)
・唐奨(14年)※東洋のノーベル賞と呼ばれています。
・京都賞(16年)
文化功労者に選ばれ、13年には文化勲章を受章しています。

スポンサーリンク

ノーベル賞の賞金金額は1億円!

京都大高等研究院特別教授本庶佑さんがノーベル賞を受賞されました!

ノーベル賞の賞金金額は900万スウェーデン・クローナ、日本円で約1億1500万円になります。

さすが世界のノーベル賞といったところでしょうか!

賞金金額も1億1500万円と桁違いの金額です。

この他にも日本から国民栄誉賞的なものがあると予測されるので、本庶佑さんウハウハですね^^

100万円ぐらいくれないかな~笑

使い道は京都大学の研究費か?

ノーベル賞を獲得して1億1500万円という大金を獲得した本庶佑さん。

以前、本庶佑さんと同じノーベル賞を授賞した山中教授は獲得賞金で、

家電製品を買い換えるとおっしゃっていたのを思い出しましたが、本庶佑さんはどうするのでしょうか?

ネットの声を聞いてみましょう~

どうやら安倍総理と本庶佑さんが電話で対談したようですね。

会話の内容に科学研究費の問題を本庶佑さんが訴えていたようです。

調べていくと、どうやら年々政府からの研究費が削られてる傾向にあるようです。

えらいこちゃ~ですね!

逆にそんな事実がある中、しっかりとした結果を残す本庶佑さんが本当に凄いとも思いました。

ノーベル賞を獲得して賑わっている中、新たに研究費の問題が浮上してきました。

もしかしたら、本庶佑さんのノーベル賞の賞金金額の使い道は京都大学の研究費に充てること考えているかもしれませんね。

それはそれで尊敬しますが、老後のためにもある程度の貯蓄はしてもらいたいと個人的には思います。

本庶佑,写真

まとめ

本庶佑さんがノーベル賞を授賞し賞金の金額1億1500万円の使い道について検証しました。

個人的には本人の意思で賞金を使うのであればなんでもいいと思います。

いずれにせよ明るい話題をありがとうございました!

この開発でがん患者さんの命が一人でも多く救われることを心から願います^^

スポンサーリンク