LINEで送る
Pocket

8月12日夜、大阪の富田林警察署の留置所に交流されていた樋田淳也容疑者が逃走をしたことが分かりました。

警察によると、樋田容疑者は弁護士と接見した直後に逃走したということです。

そうなると弁護士とのやり取りや逃走までの経緯がきになるところ。

今回は、逃走中の樋田淳也容疑者の逃走事件について脱走までの経緯や弁護士への疑惑について調べてみました。

スポンサーリンク

樋田淳也容疑者が逃走

大阪の富田林警察署にて逃走事件が発生しました。

逃走しているのは強制性交未遂などの疑いで逮捕されていた樋田淳也容疑者(30歳)です。

樋田容疑者は大阪の富田林警察署に勾留されていました。

警察が発表している逃走までの経緯は、午後7時半ごろから弁護士と接見し、約2時間後に警察署員が接見室を確認したところ、樋田容疑者の姿が消えていたとのことです。

署員が接見室に入ると、面会者との間にあるアクリル板が外れかけていたとのことで、ここから逃走したとみられています。

大阪府警によると、容疑者と弁護士が接見する場合は警察官は立ち会うことができないため、弁護士に接見が終わったら声をかけるよう頼んでいたそうです。

面会室につながる前室には午後5時45分まで署員が常駐していますが、この時間帯以降は一般人の接見はなく弁護士しか来ないため、署員は前室に詰めなくていいことになっているとのこと。

しかしながら、弁護士は警察に何も告げずに帰宅してしまったためいつ時点で樋田容疑者が逃走したのか分からない状態です。

また、署内には署員約20人在中していましたが、弁護士が帰ったことにも誰も気付かなかったということです。

警察は、現在約200人態勢で樋田容疑者の行方を追っています。

関連記事はこちら↓
樋田淳也は韓国人?実家や生い立ちを調査!家族の出身地は韓国なのか
樋田淳也が万引きしたお店の場所は山口県周南市のどこ?逃走経路は?

今回の逃走の原因は、

・弁護士が警察に接見終了を告げずに帰宅して樋田容疑者を一人にしたこと
・アクリル板が外れる状態になっていたこと

この2点に尽きるでしょう。

逃走中の容疑者が一般人に害を与えないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

弁護士は誰?逃走はグルで怪しい?

逃走中の樋田淳也容疑者の弁護士は誰なのでしょうか?

大阪府警から逃走までの経緯が説明されると、樋田容疑者を担当した弁護士を疑う声が急増しています。

「弁護士がいるから前室に署員を置かない」という警察の言い分は理解できますし、まさか弁護士が何も言わずに帰ってしまうとは思いませんよね。

富田林署の接見室の扉には、開くとブザーが鳴る装置が設置されていたそうなのですが「接見終了時に弁護士が署員に知らせることが多いため不要」として装置の電池を抜いていたことも分かっています。

これは弁護士が「報告を忘れた」じゃ済まされない問題です。

ここで疑われているのが「弁護士が樋田容疑者とグル」ということです、

まさか・・とは思いますが、弁護士が容疑者の逃走を手助けしたことが疑われています。

こんなの映画やドラマの世界の話ですよね。

この弁護士が誰なのか名前や顔画像を調べてみましたが、まだ情報はありません。

大阪を中心に活動する、窃盗や性犯罪を専門とする弁護士である可能性は高いと言えますが、ここから絞っていくのは難しいですね。

私選なのか国選なのかも気になる所ですね。

ここまで大ごとになってしまっているならば、富田林署だけでなく弁護士の謝罪も必要だと思うのですが・・

いずれにしても、担当の弁護士は現在警察の取り調べを受けているでしょう。

なぜ帰るときに報告をしなかったのかだけでなく、何時何分に接見を終えたのかや樋田容疑者の様子なども細かく聞かれているでしょう。

理由は何にしろ、数百人規模の捜査にかかる費用も膨大ですし、弁護士の責任は重いですね。

スポンサーリンク

共犯の場合の処分は

樋田容疑者の逃走事件で、脱走直前まで接見していた弁護士の責任が問われています。

グルだったことも疑われていますが、もし共犯だった場合の処分はどのようなものなのでしょうか?

逃走のほう助をするという罪に一番当てはまっているのは「逃走援助罪」です。

逃走援助罪とは、法令により拘禁された者を逃走させる目的で、逃走を容易にすべき行為または、暴行・脅迫をする犯罪を意味する(刑法100条)。

この逃走援助罪は、被拘禁者が実際に逃走したか否かは問われず、逃走が既遂に達した後に援助した場合は罪が成立しないものです。

今回で言えば、逃走の前に幇助行為をした可能性があるのでこの罪に問われる可能性があるということです。

逃走援助罪の成立には、被拘禁者を「逃走させる目的」が必要です(目的犯)。

逃走のための器具を提供したり、脱出経路等の教示するなど被拘禁者の逃走を容易にする行為をした者は、3年以下の懲役に処せられます。

3年で出てこられるんですね・・

樋田容疑者の担当弁護士が幇助行為をしたのかは今の所不明ですが、もし逃走を手助けしていたならば「逃走援助罪」に該当することが分かりました!

富田林署,写真

まとめ

樋田淳也容疑者が大阪の富田林署の留置所から逃走した事件について、脱走までの経緯や弁護士にまつわる疑惑を紹介させていただきました。

弁護士が接見が終わったことを警察署員に伝えずに帰ってしまったことが全ての始まりでした。

警察の態勢も甘かったのかもしれませんが、決まり事を守らなかった弁護士の方の責任は重いでしょうね。

世間では「弁護士がグルだった」という疑いがかけられていますが、ただ「忘れてしまった」という可能性も高いです。

もし、わざと犯人を逃す手助けをしていたならば担当弁護士は「逃走援助罪」に問われます。

弁護士がグルであったのかも大事ですが、まずは容疑者を確保することが先決です。

樋田容疑者の過去の犯罪歴を見ても、かなり「危ない」です。

怪我人、犠牲者が出る前に、1日でも早く容疑者を捕まえて欲しいですね。

スポンサーリンク