芸能

尾上松也の妹・春本由香の最終学歴や経歴まとめ!現在は喜多村緑郎と妊娠トラブルも?

春本由香の顔画像

喜多村緑郎さんと不倫関係にあったことが発覚した、尾上松也さんの妹・春本由香さん

女優として活動されていますが、実際そこまで知名度がないため「どんな人」と思う方も多いでしょう。

今回は、春本由香さんの学歴や経歴、そして喜多村緑郎さんとの妊娠トラブルなどを紹介させていただきます。

春本由香の簡単プロフィール

春本由香の顔画像
  • 名前:春本由香(はるもと・ゆか)
  • 本名:井上真由香(いのうえ・まゆか)
  • 生年月日:1992年12月21日
  • 出身地:東京都中央区
  • 身長:165cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:INASE

父親は歌舞伎役者の六代目尾上松助さん、母親は河合盛恵さん。

兄は尾上松也さんです。

スポンサーリンク

春本由香と尾上松也の顔画像

芸名の「春本由香」は、新派の名脇役だった祖父・春本泰男の名跡「春本」を継承し、兄の尾上松也さんが命名したもの。

本名の「真由香」も、尾上松也さんが8歳の時に命名したものなんだとか。

8歳年上の尾上松也さんとは幼少期より仲が良かったそうで、2005年に父・六代目尾上松助さんが死去して以降は、松也さんが「父親のような存在」だと語っています。

春本由香の家系図

春本由香さんが生まれた尾上家の家系図は以下の通りです。

春本由香の家系図画像

そうそうたる顔ぶれですね…!

春本由香の学歴・経歴

春本由香の最終学歴は

春本由香さんの出身校は以下の通りです。

  • 出身小学校:不明
  • 出身中学校:不明
  • 出身高校:堀越高校・芸能コース(偏差値38〜42)

出身小学校と中学校は不明ですが、兄の尾上松也さんの出身中学校は中央区立銀座中学校ですので、春本由香さんも同じ学校に通っていたと考えられます。

コバネコ
コバネコ
情報をお持ちの方はこちらまで情報提供をいただけると助かります!

春本由香の経歴は

春本由香さんの経歴は以下の通りです。

  • 2007年頃:モデル活動開始
  • 2008年頃:女優活動開始
  • 2011年頃:歌手活動開始
  • 2016年9月:劇団新派へ入団、水谷八重子に師事
  • 2017年1月:NHK BSプレミアムのBS時代劇『雲霧仁左衛門3』でテレビドラマ初出演

「女子は歌舞伎の舞台に立てない」ということを知ってから、兄を羨みつつ女優に憧れを抱いていました。

中学1年生より日本舞踊を始め、2005年には『胡蝶』で国立劇場の舞台に立った経験もあります。

幼少期の舞台経験を経て、15歳頃からモデル活動を開始。

堀越高等学校の芸能コースへ進学後は、女優を志してミュージカルなどのオーディションに挑戦するようになりました。

高校卒業後は歌手を目指すようになり、ライブハウスでアニメソングのカバーを歌うなどの活動を開始。

その後はタレントを目指すも、鳴かず飛ばずの状態が続きました。

由香さんがタレントを目指したもののうまくいかずに悩んでいた時は、松也さんが由香さんを付き人にして給料を払い「このお金でレッスンを続けなさい」と助けてあげたというエピソードも。

その後、ミュージカル『エリザベート』出演中の尾上松也さんに誘われて付き人を務めたことをきっかけに女優を目指すことを決意。

元新派女優の母の勧めもあり、2016年9月に二代目水谷八重子の部屋子として劇団新派へ入団しました。

二代目水谷八重子に師事し、『婦系図』で妙子役を演じてデビューを果たしました。

スポンサーリンク

春本由香と喜多村緑郎の不倫トラブル

現在女優として活動している春本由香さん。

歌舞伎一家の箱入り娘として育てられましたが、近年は喜多村緑郎さんとの不倫・妊娠トラブルに巻き込まれていたようです。

喜多村緑郎との不倫関係

春本由香さんと不倫関係にあったのは、鈴木杏樹さんとの不倫で話題になった喜多村緑郎さん

喜多村緑郎の顔画像

春本由香さんと喜多村緑郎さんの出会いは、2018年1月初春公演の舞台『家族はつらいよ』の稽古でした。

喜多村緑郎さんは妻がいるにも関わらず24才も年下の由香さんをアグレッシブに口説き、彼女も落ちてしまいました。

2人の関係は劇団内ですぐに噂になり、母親の河合盛恵さんも気づいてしまったそうですが、当初は知らないフリをしてやり過ごしていました。

しかし、罪悪感に苛まれていった由香さんは、結局母親に泣きつくことになったんだとか。

喜多村緑郎との妊娠トラブル

春本由香さんの知人からは、不倫関係に続いて驚きのエピソードが語られました。

その年の秋、由香さんは精神的に追い詰められていました。

緑郎さんから“おれの子供を産んでほしい”と言われたそうです。

本気かどうかわかりませんが、まだ若い彼女は思い悩み、母親に相談しました。

盛恵さんは由香さんの将来を思い、緑郎さんに文句を言いたい気持ちを抑えて、由香さんには身を引くよう説得し、不貞を穏便に終わらせようとしたんです。

不倫相手に妊娠を強要するなんて…ゲスですね。

しかし、その後喜多村緑郎さんは由香さんの異変に気づいたのか、態度が急変。

周囲には気づかれぬよう、現場でも由香さんの挨拶を無視するなど露骨に冷たい態度を取りはじめました。

これには由香さんが完全に滅入ってしまい、この話は仲の良い兄である尾上松也さんの耳にも入ってしまいました。

妹想いの尾上松也さんはこの話に激怒。

しかし、実際に行動に出たのは母親の河合盛恵さんだったそうです。

河合盛恵VS喜多村緑郎

2018年末頃、河合盛恵さんは喜多村緑郎さんに1本の電話をかけました。

春本由香さんの知人によると、こんなやりとりがあったそうです。

2018年末頃、彼女は緑郎さんに電話し、“娘に手を出しやがって!”と激高。

“離婚はできないけど、子供を産んでくれ、とは何よ!”などと、強く問い詰めたそうです。

緑郎さんは謝るのかと思いきや、“松也の母親だからってデカイ顔しやがって!”と逆ギレしたから驚いた。

その後、盛恵さんに強い口調で罵倒され続けたからなんでしょうか、緑郎さんは“訴えるぞ!”とまで言ったそうです。

娘をたぶらかした喜多村緑郎さんにキレた河合盛恵さんでしたが、まさかの逆ギレをされる始末。

由香さんと喜多村緑郎さんは同じ新派ということもあり、結局裁判沙汰にはならず、話し合いで事態を収束させました。

現在の当事者たちの対応

今回の報道について、取材陣は当事者たちへ連絡を取りました。

それぞれの対応は以下の通りです。

喜多村緑郎:携帯電話を鳴らすが、一向に出ず

春本由香:不倫について「そういったことにはお答えできません。もう知らないです。関係ありませんので」と狼狽しながら繰り返した

河合盛恵:「私から申し上げることは何もありません!」と、怒りをあらわにした

鈴木杏樹さんとの不倫騒動よりも深刻な問題に見えますが、喜多村緑郎さんからしたらこの件については「終わったこと」なのかもしれませんね…