LINEで送る
Pocket

2019年3月28日、俳優の萩原健一さんが26日に亡くなっていたことが分かりました。

死因はGIST(消化管間質腫瘍)という聞きなれない名前の病です。

ショーケンの愛称で親しまれ、一時代を築いたスターの旅立ちに悲しみの声が寄せられています。

今回は、ショーケンこと萩原健一さんの死因であるGISTという病気について調べてみました。

スポンサーリンク

ショーケンこと萩原健一、亡くなる

2019年3月26日午前10時30分、俳優の萩原健一さんが亡くなりました。

死因はGIST(消化管間質腫瘍)、68歳でした。

報道によると、萩原健一さんは2011年から闘病を続けていたようです

本人の強い希望により病名の公表は控えていたとのことで、闘病については初耳だった方がほとんどだと思います。

昨年はNHKドラマ「不惑のスクラム」やテレ朝の「日曜ワイド 明日への誓い」にも出演されるなど、病と闘いながら役者の仕事と向き合い続けた萩原さん。

最期は妻に看取られて息を引き取ったと言います。

本人の遺志により、葬儀は家族のみで営まれ、お別れ会などの予定は現状不明です。

ご冥福をお祈りいたします。

萩原健一の死因・GISTとは

ショーケンこと萩原健一さんがGISTという病気により、息を引き取りました。

がんのステージや詳しい病状などは明かされていません。

あまり聞きなれない病気なので、ここではGISTの症状や余命などを調べてみたいと思います。

GISTとは

GIST(消化管間質腫瘍)とは、食道・胃・小腸・大腸などの消化管の壁の中にできる腫瘍の一種

胃がんや大腸癌が粘膜の上皮から腫瘍が発生するのに対して、GISTは粘膜より下の層に腫瘍が発生します。

奥底にできる分、厄介と言えます。

発症が稀な病気で、患者さんの数が少なく、GIST自体の名前が認識されるようになったのもごく最近で症例もまだあまり多くない病気です。

GISTの症状は

GISTは、胃がんや大腸がんなどに比べると症状の出にくい病気です。

症状が出にくいために腫瘍が大きくなるまで気づかないことも多く、腫瘍の発生箇所によっても症状が変わるので素人目での特定はまずもって無理だと言えます。

腫瘍の発生箇所ごとの主な症状はこんな感じです。

場所 主な症状
食道 吐き気、胸痛、食べ物が飲み込みにくいなど
腹痛、貧血、吐血、下血、お腹の張りなど
小腸・大腸 腹痛、貧血、下血、お腹の張り、しこり、便が出にくいなど

GISTの余命はどのくらい?

GISTを発症した場合、余命はどのくらいになるのでしょうか?

アメリカのGIST症例による生存期間のデータはこんな感じです。

(引用:初診時の腫瘍ステージ別にみた生存期間(DeMatteo RP et al. Ann Surg 2000; 231: 51-58より 一部改変)

(引用:原発巣完全切除後の再発・転移例数と生存期間(DeMatteo RP et al. Ann Surg 2000; 231: 51-58)

200例を追跡した結果、1年生存率は69%、3年生存率は44%、5年生存率は35%という結果でした。

そのうち、原発巣完全切除群の1年生存率は88%、3年生存率は65%、5年生存率は54%。

また、50代を超えた方は完全切除率も低いことが分かっています。

つまり、年齢層が高めにGISTを発生すると、完全切除率も低く・余命も短くなると言えます。

スポンサーリンク

入院先の病院はどこ?

2011年から闘病を続けていた萩原健一さん。

入院先の病院はどこだったのでしょうか?

転居は闘病のためだった?

萩原健一さんの自宅の情報を調べてみると、2013年に横浜の家から東京都内へ転居しています。

当時は4度目の結婚相手である冨田リカさんとの”終の住処”として、新築3億円の豪邸を購入したと報道されていました。

この時すでに闘病は始まっています。

結婚云々ではなく、通院のために都内の家を選ばれた可能性も高そうです。

1987年から住んでいた横浜市内の自宅を、62歳にして手放したのは、並並ならぬ決意があったからなのかもしれませんね。

GISTの治療を受けた病院は

では、萩原健一さんがGISTの治療を受けた病院はどこだったのでしょうか。

報道では都内の病院という情報のみが公開されています。

GISTは症例が少ない病気なので、おそらく希少がんに強い病院を選ばれた可能性が高いと言えます。

都内の病院で希少がん治療に強い病院と言えば…国立がん研究センター・希少がんセンターが有名です。

大きな総合病院でも、稀ながんを扱っている診療科はほとんどありません。

国立がん研究センター・希少がんセンターなら、国内でも症例の少ない希少がんの治療にも適しています。

都内にわざわざ越してきていることや、2011年に発症して現在まで仕事をしながら生き抜かれたことを考えると、かなり設備の整った病院で高度な治療を受けていたと考えられるでしょう。

萩原健一,画像

まとめ

ショーケンこと萩原健一さんの死因ではるGISTという病気や、入院先の病院についてまとめてみました。

症例も少ない稀ながんと闘い、最期まで俳優としての仕事を続けた萩原健一さん。

2013年都内に自宅を購入していることから、都内の希少がん専門の病院で治療を続けてきたと考えられます。

長い闘いがようやく幕を下ろしました。

今はゆっくり休んでほしいですね。

スポンサーリンク