日本NEWS

古川真人の経歴&学歴まとめ!出身高校・大学や生い立ちも紹介するよ!

古川真人の顔画像

第162回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞受賞に古川真人さんの「背高泡立草」が選ばれました。

古川真人さんがどんな経歴の持ち主なのか気になる方も多いことかと思います。

今回は、古川真人さんの出身校などの学歴やこれまでの経歴に関する情報をお届けしていきたいと思います!

川越宗一の顔画像
川越宗一の経歴&学歴まとめ!バンド活動で大学を中退していた!?第162回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、直木賞は川越宗一さんの「熱源」が選ばれました。 川越宗一さんは、30代半ばから小説...

古川真人のプロフィール

古川真人の顔画像
  • ペンネーム:古川真人(ふるかわ・まこと)
  • 本名:不明
  • 生年月日:1988年7月29日
  • 年齢:31歳(2020年1月現在)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 居住地:神奈川県横浜市
  • 職業:小説家

幼少期は近くに親戚がたくさんいたため、親戚のおじいちゃんやおばあちゃんとよく遊んで育ったという古川真人さん。

古川真人さんの母親は長崎県平戸市的山大島出身で、現在も祖母がそちらに住んでいるそうです。

デビュー作『縫わんばならん』と2作目の『四時過ぎの船』は長崎を舞台にした作品なので、自身のルーツにも影響を受けているようですね。

結婚等に関する情報は明かされておらず、お嫁さんや子供がいるのかは不明です。

スポンサーリンク

古川真人の経歴&学歴

古川真人さんの学歴や経歴を紹介させていただきます。

古川真人の学歴

古川真人さんの出身校は以下の通りです。

  • 出身小学校:?
  • 出身中学校:?
  • 出身高校:第一薬科大学付属高校(偏差値37〜41)
  • 出身大学:國學院大学文学部中退(偏差値52.5〜57.5)

出身校は高校と大学のみ判明しています。

コバネコ
コバネコ
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、こちらに情報提供していただけると助かります!

小さい頃から人見知りでコミュニケーションを取るのが苦手だったという古川真人さんは中学時代はマクドナルドで注文が出来ないほどに人と話すのが苦手だったそうです。

そんな中、中学3年生の時に三島由紀夫『仮面の告白』に出会ったことをきっかけに日本文学に興味を持ち始めました。

 

高校は福岡県福岡市にある私立第一経済大学付属高等学校(現:第一薬科大学付属高等学校)に進学。

この学校の卒業生には、氷川きよしさん、スザンヌさん、絢香さんなどの有名人がいらっしゃいます。

古川真人さんは、過去に雑誌『新潮』のインタビューで出身高校のこと「最初の一学期でクラスメイトの十人近くが退学するようなやんちゃな学校」と表現されていました。

そんな高校では文芸サークルに入部し、小説執筆をスタート。

高校3年生の時にはすばる新人賞にも応募されています。

大学では近代日本文学研究会に在籍し、この活動に熱中し過ぎて3年に進学できずに中退することとなりました。

古川真人の経歴

古川真人さんは大学を中退後、就活もアルバイトもされず、ひたすら寝転がっているような生活を送っていたそうです。

「これから自分はどうなるのだろう?」と考えながら、酔っては鬱屈を爆発させる、そんな老人のような隠居生活を6年間続けたのち、小説家としてデビューをされました。

兄の家に同居して創作活動を続け、文芸雑誌の新人賞などに作品の投稿を続けてきました。

小説家デビュー後の経歴は以下の通りです。

  • 2016年:デビュー作『縫わんばならん』で第48回新潮新人賞を受賞、第156回芥川龍之介賞候補
  • 2017年:『四時過ぎの船』で第157回芥川龍之介賞候補、第31回三島由紀夫賞候補
  • 2019年:『ラッコの家』で第161回芥川龍之介賞候補
  • 2020年:『背高泡立草』で第162回芥川龍之介賞受賞

芥川賞はノミネート4回目での受賞となりました。

以前、古川真人さんはインタビューで「芥川賞は取りたくないけど、取らないといけない関門」と語っていましたから、悲願の受賞だったと言えるでしょう。

古川真人の芥川賞受賞コメント

第162回芥川龍之介賞を受賞した際の古川真人さんのコメントは以下の通りです。

うれしさというのはまだないです。

おそらく2日後とか3日後とか、生活に日常に返っていくと、風呂でシャンプーをしていて、ほくそ笑むとかになるんでしょうけど…

2016年に新潮で新人賞を取って、初めて担当編集の方と打ち合わせをする機会があったのですが、打ち合わせが終わって、帰りの地下鉄に向かう時に、オレこれからどうなっちゃうんだろう、なんでこうなっちゃったんだろうみたいな。

悪い意味ではなくて、自分が急にとんでもない場所に出ていっているという気持ちを覚えた。今も気持ちとしてはそういった心境です。

(以前のインタビューで「芥川賞は取りたくないけど、取らないといけない関門」と語っていたことを指摘されて)

その時は年末の事前取材の時に言ったと思うんですけど、ずっと落ちているもんですから、そんなもんだろうみたいな気持ちでした。

でも、いざ取ると『まじかよ、困ったな』という。

取ったら取ったで、あわあわしているというのが正直な心境です。

(慣れないスーツ姿については)

革靴はすごく痛い。ネクタイは久しぶりに巻いたんですけど、結局、編集の人にこの辺ですよってやってもらった。

(会見までに受賞を伝えた相手については)

待っていた時間があったんですけど、トイレしている時に高校の同級生から電話があって『トイレしている』と言いました。

自分が候補になるたびに喜んでくれている人というのがいまして、そういう人たちが喜んでくれているんだろうなと思うと、やっぱりこれはうれしいことなんだろうなという風にわかってはいる感じです。

正直なトークで、素直な方ということがよく分かりますね!

素朴な人柄が垣間見えた気がします。

古川真人の作品まとめ

古川真人さんの作品は以下の通りです。

『縫わなばならん』

 

『四時過ぎの船』

 

『ラッコの家』

 

『背高泡立草』

 

芥川龍之介賞受賞作品は書店ではすぐに品切れになってしまいますので、ネットで確実に購入しておきましょう!

直木賞受賞作家についてはこちらの記事をご覧ください!

川越宗一の顔画像
川越宗一の経歴&学歴まとめ!バンド活動で大学を中退していた!?第162回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、直木賞は川越宗一さんの「熱源」が選ばれました。 川越宗一さんは、30代半ばから小説...
スポンサーリンク