LINEで送る
Pocket

2018年8月28日に日本を代表とする漫画家さくらももこさんが、

ガンの為に53歳という若さでこの世を去りました。

さくらももこさんの代表作と言えば国民的アニメ漫画「ちびまる子ちゃん」です。

昭和世代の方なら知らない人はいないぐらい有名だと思います。

実は「ちびまる子ちゃん」には封印された話があり、

雑誌には掲載されたものの、単行本に収録されることのなかった、封印作品というものが存在しているようです。

今回は、ちびまる子ちゃんの封印された話や封印理由について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ちびまる子ちゃんリメイク版のあらすじ

日本を代表とする漫画家のさくらももこさんが53歳という若さでこの世を去りました。

毎週日曜日、18:00~放送されているアニメのちびまる子ちゃんは

今後も放送は継続されることが決定されたようです。

9月2日の放送内容は予定されていた放送内容を変更して、

さくらももこさん追悼の意味も兼ね、以前放送された、

「まる子、きょうだいげんかをする」(原作3巻その17)

「まる子、つづらの中身が知りたい」(原作9巻その64)

が放送されるようです。

変更され放送される内容のあらすじは下記の通りです↓

「まる子、きょうだいげんかをする」

一冊のノートを巡って姉妹ゲンカ!ジャンケンで負けたまる子は泣く泣くノートをあきらめる。悔しいまる子はお姉ちゃんにちょっかいを出すが、ぶたれてまたしてもケンカに負けてしまう。泣いたまる子は負け惜しみに、お姉ちゃんのノートに落書きをするのだが・・・。

「まる子、つづらの中身が知りたい」

居間の押入れにつづらがあることを知り、舌切りスズメのお話みたいと大騒ぎのまる子。家族にはあしらわれても、翌日クラスでは宝の地図やミイラが入っているかもと盛り上がる。どうしてもつづらの中身を知りたいまる子は、おじいちゃんと一緒に開けてみることに。

ちびまる子ちゃん公式ホームページより

また、予定されていた

「まる子、ピラニアがこわい」

「まる子、種を食べたい」

は後日、放送されるとのことです。

ちびまる子ちゃんの第98話の封印理由は?

コンビニ本やネットなどでも、差別的な表現などで読者からクレームとなり、

お蔵入りした作品はよく見かけますが、

国民的漫画のちびまる子ちゃんに封印作品というものが存在するとは思ってもみなかったです。

その作品は「ちびまる子ちゃん」第98話です。

1995年2月号に掲載された、りぼん(集英社)にほ載ったようですが、単行本には載っていないようです。

ここで、気になるのは単行本に載せなかった理由です。

調べた結果、色々と理由はあるようですが、

1番の理由はストーリーがサイケ過ぎたからのようです。

…サイケ?

と、思った方のためにサイケの意味を調べました。

サイケとは、心理的に不安定、精神ストレス過多の状態で、

極彩色のぐるぐる渦巻くイメージによって特徴づけられる視覚や聴覚が異常な状態を表す言葉のようです。

簡単に説明すると、さくらももこさんが多忙すぎてストレスが溜まり、

その結果、ちびまる子ちゃんの世界観やストーリーが意味不明になってしまったということです。

ちびまる子の第98話が封印された理由は、ストーリーがサイケ過ぎて意味不明な作品だったからということです。

スポンサーリンク

ちびまる子ちゃんの第98話の内容

ストーリーがサイケ過ぎて漫画に記載されなかった、

ちびまる子ちゃんの第98話の内容ですが、気になりませんか?

ちびまる子ちゃんの第98話の内容はこちらになります↓

タイトル「まる子、夢について考える」

第98話の内容はいきなり洞窟の中で怪しいお面をつけた集団が

「神よ力を与えよ」と叫び踊っているシーンから始まります。

その様子岩陰から見守るまる子だったが、彼らに見つかってしまい、とらわれの身に。

すると、そこに王子様が登場します。

あれよあれよとの間にまる子を救出し、怪しいお面をつけた集団やっつけるます。

怪しいお面をはずすと、なぜかまる子のクラスメイトの藤木君と永沢君。

既に意味不明ですが、ふとかたわらに倒れている人を発見します。

それがクラスメイトの小杉君で既に死んでいる設定でハエがたかっています。

クラスメイトの死体にハエがたかっているのに、

まる子は王子様からプロポースを受け、それを快諾すると、

ここから怒涛の展開に。

なぜか平安時代の格好をした野口さんが登場します。

でも、野口さんが「ここは平安時代ではない」というので御簾のすきまから外をのぞくと、

そこはアメリカのブロードウェイ。

ブロードウェイで劇を見ていると、登場した女の子が子ども時代のまる子の母親。

気がつくとまる子はおばあちゃんの家にいて、

子ども時代の母親に「起きなさい」と叱られていて、全く意味不明ww

さらに話は続き、翌日の教室でもとまらない。

夢で見た王子様が前世の恋人だったという妄想にふけるまる子、

そして自分がアルプスの少女になった妄想を始めるたまちゃん、

永沢君と藤木を変なお面をつけた集団の生まれ変わりよばわりするまる子、

節分用の豆を盗み食いする友蔵と、ほんと意味の分からない展開が続き、

そのまま話が終わるという…

98話は、何度読み直しても意味が分からない内容になっていますw

ちびまる子ちゃん,写真

まとめ

ちびまる子ちゃんの98話が封印された理由や作品の内容について紹介させていただきました。

98話…

本当に意味がわからないです!笑

相当、忙しかったのかな…

ともあれ、自分も幼少期にはちびまる子ちゃんにお世話になったので

さくらももこさんには感謝しかないです。

今夜の放送を見ながらご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク