芸能

朝海ひかるの経歴&プロフィール!現在の職業は舞台女優で宝塚時代の画像も

朝海ひかるの顔画像

元宝塚の朝海ひかるさんの交際相手がV6の坂本昌行さんだと判明し話題になっています。

実はこのお方、完全な一般人ではなく元宝塚歌劇団に所属していた雪組のトップ経歴をお持ちなんです!

そこで今回は、朝海ひかるさん経歴や現在の職業に迫ってみたいと思います!

朝海ひかるの簡単プロフィール

  • 芸名:朝海ひかる(あさみ・ひかる)
  • 本名 :小室 徳子(こむろ・のりこ)
  • 生年月日: 1972年1月24日
  • 年齢:47歳(2019年現在)
  • 出生地: 宮城県
  • 血液型: O型
  • 職業 :舞台女優
  • 事務所: 梅田芸術劇場
  • 宝塚歌劇:『エリザベート』『ノバ・ボサ・ノバ』『霧のミラノ』『ベルサイユのばら』

宝塚歌劇団雪組トップスターとして活動していた元タカラジェンヌです。

芸名の『朝海ひかる』は父の思い付きでつけてもらった名前だという。

コバネコ
コバネコ
V6の坂本昌行さんとは1歳差のカップルです!
スポンサーリンク

朝海ひかるの経歴

朝海ひかるさんの学歴や経歴に迫ってみたいと思います!

宝塚時代の活躍にも触れていきましょう!

朝海ひかるの学歴

朝海ひかるさんの出身校を紹介させていただきます。

  • 出身小学校:不明(宮城県のどこか?)
  • 出身中学校:(宮城県のどこか?)
  • 出身高校:宮城県第三女子高校(偏差値54)

宮城県第三女子高校(仙台三桜高校)は宮城県仙台市太白区門前町にある伝統ある女子高でしたが、2010年に共学化されています。

そして、朝海ひかるさんは宮城県第三女子高校(仙台三桜高校)卒業後、1991年に宝塚音楽学校に入学しました。

朝海ひかるの宝塚での経歴

朝海ひかるさんの宝塚時代の経歴を紹介させていただきます。

1991年:宝塚歌劇団入団。

1992年:花組に配属。

1998年:宙組に異動。

1999年:雪組に配属。

2002年:雪組トップスター就任。

2006年:宝塚歌劇団退団。

朝海ひかるさんは1991年に宝塚歌劇団に入団しました。

宝塚歌劇団77期生の人数はおよそ40名。

同期のトップ約には安蘭けいさん(元星組トップスター)、春野寿美礼さん(元花組トップスター)、花總まりさん(元宙組トップ娘役)、成瀬こうきさん(元専科男役スター)がいらっしゃいます。

朝海ひかるさんの入団時の成績は21番で春野らとともに花組に配属されました。

いきなり売れっ子のトップスターとまではいきませんでしたが、地道に活動を続け移動を繰り返し、2002年に雪組のトップスターになり

  • 「霧のミラノ/ワンダーランド」ロレンツォ役
  • 「銀の狼/ワンダーランド」シルバ役
  • 「ベルサイユのばら -オスカル編-」オスカル役
  • 「堕天使の涙/タランテラ!」ルシファー役 

などの数々の有名作品に出演しています。

その後、2006年の、東京公演千秋楽をもって朝海ひかるさんは宝塚歌劇団を退団されました。

退団理由としては

自然に気持ちがその方向(退団)へ向いていき、今が心身ともに充実していることもあって、次の人生を踏み出してもいいかと思った

とコメント、朝海ひかるさんは宝塚歌劇団に入団後15年で引退となりました。

朝海ひかるの現在の職業は

朝海ひかるさんの現在の職業は、舞台女優やミュージカルの仕事をされています。

「ベルサイユのばら45」を始めてとする数々の舞台に出演し舞台女優としてとても忙しい毎日を送られています。

2020年には新し舞台「ANASTASIA」でリリー役を演じるそうで、その役に向けて猛特訓中とのこと。

因みにこの「リリー役」はオーデション形式で朝海ひかるさんが勝ち取った役なんだとか。

すでに素晴らしい経歴があるのにも関わらず未だ挑戦し続ける姿勢が素晴らしいですね!

スポンサーリンク

朝海ひかると坂本昌行の結婚はいつ?

元宝塚の朝海ひかるさんとV6の坂本昌行さんの熱愛が報道されました。

きっかけは2018年に11月の舞台「TOP HAT」での共演といわれています。

主演は坂本昌行さんで朝海ひかるさんはプロデューサーであるホレスの妻役、マッジハードウィックを演じています。

この時に元宝塚で役者として先輩にあたる朝海ひかるさんにアドバイスを求めて意気投合し交際に発展したとのこと。

お2人は同棲もしてる様子もあり、2020年にはV6が結成25周年を迎えます。

アニバーサリーイヤーに結婚ということもありそうですね!

朝海ひかるの宝塚時代の画像まとめ

朝海ひかるの宝塚時代の画像はこちら。


ハッキリした顔立ちでまさにタカラジェンヌといったかんじですね。

今後もお2人動向に注目です!

スポンサーリンク