LINEで送る
Pocket

連日ニュースを賑わせている日大アメフト部の悪質タックル問題。

ようやく日大の内田監督が謝罪をしたようです。

今回は、日大アメフト部の内田監督の謝罪について世間の反応をまとめてみました。

スポンサードリンク

日大アメフト部内田監督の会見がひどい!

日大アメフト部の内田正人監督が悪質タックル問題について謝罪をしました。

事の発端は今月5日、都内で行われた日本大学と関西学院大学のアメフト部の定期戦。

日大の選手が、無防備な状態の関西学院大の選手に後ろからタックルした反則行為がありました。

連日ニュースでも取り上げられている問題について、ようやく日大アメフト部の監督が謝罪をしました。

19日、内田正人監督は加藤直人部長とともに、怪我をさせた選手などに直接謝罪しました。

その後、大阪空港で取材に応じ、アメフト部が重大な反則行為をしたことについて、

「一連の問題はすべて私に責任があり、監督を辞任します」

「私が先に辞任すると誠意がないことになるので、まずは関西学院大におわびし、辞任と考えていた」

と、監督を辞任する考えを表明しました。

一方で、反則行為の指示については「文書で答える」として明言を避けました。

日大は、学内で反則行為をした選手など、関係者全員の聞き取り調査を進めており、

結果については今月24日をめどに関西学院大に伝えることとしています。

この会見を見て一連の対応に「ひどい」との声が殺到しています。

まず、内田監督が関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)のことを、

終始「かんさいがくいんだいがく」と読んでいたことから「誠意がない」と感じた方が多かったようです。

謝罪の時に相手の名前を間違えるとは・・ひどいですね^^;

これ以外にも会見の様子を見た視聴者からは批判的な声が上がっているようです。

関連記事はこちら→日大アメフト部は井上奨コーチが黒幕?過去にビデオ出演や裏口就職?

ネクタイの色が非常識?

日大アメフト部の内田監督が謝罪とともに辞意を表明しました。

雲隠れを続け、謝罪の場では相手の大学名を間違えるなどの対応に「ひどい」との声が上がっています。

調べてみると、ニュースを見た視聴者は内田監督のネクタイの色が気になっていたようです。

・日大の内田監督辞任会見…普通、こういう場合にはピンクのネクタイ、しないと思うんだけどなぁ…

・日大アメフト部の監督さん、ピンクのネクタイで謝りに行ったのかな。

・内田正人監督ピンクのネクタイはまずいだよ。

・ピンクのネクタイも謝罪に行く服装としては非常識

・日本を代表する大きな大学なのに誰か注意する人いないのかな?

内田監督のネクタイの色はピンクだったため、謝罪の場に相応しくないと感じた方が多いようです。

謝罪の場のネクタイの色といえば紺が鉄板です。

一般常識から大きくかけ離れた明るいカラーにしたのには何か理由があったのでしょうか?

スポンサードリンク

ピンクの理由は日大カラー?

日大アメフト部の内田監督のネクタイの色に注目が集まっています。

謝罪の場なのにピンクという明るいカラーを選んだ理由を探ってみたいと思います。

一番初めに思い浮かんだのはスクールカラーです。

大学には伝統のスクールカラーが存在するものです。

日大のスクールカラーはピンクというイメージがあります。

しかし、これは誤解。

ピンクや桜色が日大のスクールカラーだと、卒業生なども誤解しているのですが、

実は正式な日本大学のスクールカラーは創立当初から伝統の緋色(スカーレットレッド)です。

そのため、内田監督がスクールカラーを身につけるつもりでピンクのネクタイを選ばれたのだとしたら、大きな間違いというわけです。

マナー違反の色だったとしてもスクールカラーなら許されたかもしれませんが、

それすら間違えていたのだとしたら・・とても残念ですね。

芸能人とも違いますし、周りに注意する方などもいないのでしょう。

発言から見た目まで残念な印象になってしまいましたね。

内田監督,写真

まとめ

日大アメフト部の内田正人監督のようやく謝罪をしたようです。

辞意を表明した内田監督ですが、関西学院大学の名前を間違えるなど、

謝罪内容がひどいと批判的な声が寄せられています。

また、ネクタイの色もピンクと謝罪の場に似合わないものを選択しており、

正式なスクールカラーとも異なるため派手な色を身につけた理由に注目が集まっています。

辞任すれば全てが終わるとお考えなのかもしれませんが、まだまだ批判の声は止みそうにありません。

スポンサードリンク