LINEで送る
Pocket

連日ニュースを賑わせている「紀州のドンファン事件」。

和歌山の資産家・野崎幸助さん(77歳)が自宅で亡くなった事件で、

警察は東京都内の家族や会社の関係者を捜索しています。

そんな中、ワイドショーの取材に応じた家政婦の女性が話題になっています。

今回は、紀州のドンファンこと野崎幸助さんの家政婦について調べてみました!

スポンサードリンク

紀州のドンファンとは?

「紀州のドンファン」こと野崎幸助さんとは何者なのでしょうか?

【野崎幸助(のざき・こうすけ)】

愛称:紀州のドンファン

享年:77歳

学歴:中学卒

職業:資産家、金融・不動産関連会社社長など

野崎さんは、和歌山県田辺市で金融業や販売業営む資産家です。

50億円もの資産を持っていると言われています。

中学を卒業後、鉄くず拾いの仕事を始め、その後訪問販売、金融業、不動産業で成功しました。

2016年に自身の半生をつづった「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」を出版し一躍有名となりました。

「紀州のドン・ファン」という呼び名のは、ヨーロッパの伝説上の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえたものです。

2016年には、当時交際していた自称モデルの女性に、

自宅の現金600万円と時価5400万円相当の貴金属など、計6000万円相当の金品を盗まれ大きく報道されました。

2018年4月に出版された第2弾となる自伝「紀州のドン・ファン 野望編」では、

2月に55歳も年下の22歳(当時)自称モデルのSさんと結婚したばかりだと明かしていました。

亡くなった原因は?

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが命を落とした理由は何だったのでしょうか?

警察の捜査によると、何者かがビールに”白い危険な物”を混ぜて野崎さんに飲ませたことが原因のようです。

どう考えても、誰かが手を加えた事件ですね・・

野崎幸助さんが息を引き取った時、和歌山県田辺市朝日ケ丘の自宅にいた人物は

先ほど紹介した22歳年下の奥様Sさんと、秘書兼家政婦の女性です。

警察はこの2人を重要参考人として、捜査を進めているようです。

遺産狙い?

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが亡くなった事件について、

やはり狙いは遺産だったのではないかと予想されています。

メディアも大きく取り上げるほどの資産家ですから・・そこしかないですよね。

野崎さんの法定相続人はおそらく奥様だけです。

子供については調査しましたが、いないことが判明しました。

(もしかしたら認知してる嫡出子がいるかもしれませんが・・)

しかし、野崎幸助さんは生前に自身の資産は愛情を注いでいた愛犬に相続させると語っていました。

では、資産は愛犬に相続されるのかと安心(?)しました。

その愛犬について調べてみると・・野崎さんが亡くなる18日前の5月6日に亡くなっていました。

ますます謎が深まりますね。

火曜サスペンスもビックリの展開です。

1日も早く真実が明らかになってほしいです。

スポンサードリンク

家政婦が怪しい!

紀州のドンファンこと野崎幸助さんが亡くなった事件について、

「家政婦の女性が怪しい」と話題になっています。

現在、警察に取り調べをされているため、

「身の潔白を証明したい」とテレビ取材に応じています。

しかし、ペラペラと捜査のことなどを必要以上に話す様子に「怪しい」との声が寄せられています。

・有り得ない年の差の妻、家政婦…二人が怪しい。

・派手な服着てTVのインタビューに応えまくっている家政婦・・ペラペラ喋る奴は一番怪しいんだよな

・家政婦怪しいなぁ〜

・怪しいのは妻やけど、家政婦も怪しいって思った

・わざわざテレビ出て喋る必要ある?逆に怪しいよ

人が亡くなっている事件ですので、あまり根拠のないことは言えませんが、

あくまでも世間の反応としては「怪しい」と見た方は多いようです。

家政婦K・竹田純代は何者?

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの家政婦が怪しいと話題になっています。

”家政婦K”こと竹田純代さんはどんな人物なのでしょうか?

【竹田純代(たけだ・すみよ)】

年齢:66歳 

職業:秘書兼家政婦

住所:東京港区六本木のマンション

家族構成:娘が居ると

野崎幸助さんの会社に入ったのは、8か月前。

1か月に10日ほど住み込みで勤務し、給料は1日1万円でした。

しかし、奥様の小遣いが月100万円だったことから、最近は1万5千円にアップしてもらったそうです。

事件当日は、野崎さんと奥様の昼食にしゃぶしゃぶを作り、

15時くらいにうどんを作ってから出かけ、19時に自宅に戻ったそうです。

これまで警察の取り調べにより、尿検査や毛髪検査をされたと言います。

嘘か本当か、毛髪検査では警察から髪の毛を100本も抜かれたと話していました。

野崎幸助と竹田純代の関係は?

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの家政婦・竹田純代さんが怪しいと話題になっています。

ただの秘書兼家政婦だと思いましたが、野崎さんとはなんと30年来の付き合いがあったそうです。

元々竹田純代さんは、六本木のクラブで働いていたそうで、

野崎さんが客として来店したことが2人の出会いでした。

なんと野崎さんは、竹田さんの娘さんのこともナンパしていたそうです。

それにはさすがに竹田さんも注意をしていたんだとか。

インタビューでは、竹田さんの六本木の自宅マンションにも家宅捜索が入るとコメントされています。

野崎さんの奥様とは親密な仲で、教習所の送り迎えをしたりスーパー銭湯に行ったりしていたそうです。

竹田さんの自宅マンションには、野崎さんの奥様も出入りしていたんだとか・・

もしかして・・

嫌な予感がしちゃいますね。

警察は2人が共犯だったのかを疑っていると予想されます。

スポンサードリンク

なぜモザイク?

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの家政婦・竹田純代さんが、

身の潔白を示すためにマスコミの取材に応じています。

ワイドショーでもこの姿が取り上げられていますが、

番組によってはモザイクがあったりなかったり・・

この差は何なのでしょうか?

これはテレビの取材でもよくあることですね。

モザイクをかけている理由は「一般人だから」「本人が希望した」など様々です。

今回の放送を確認すると、モザイクなしで放送していたのはフジテレビだけでした。

他のテレビ局はモザイクどころか音声も映像も流していません。

竹田さんは、映像や音声を流さないことを条件に取材に応じた可能性が高いです。

しかし、一度流されてしまった映像は取り消しができません。

フジテレビの映像にモザイクがなかったのは、

視聴率を稼ぐためだったのか、それとも話題を集めるためにわざとだったのか・・

家政婦,写真

まとめ

紀州のドンファンこと野崎幸助さんの家政婦について紹介させていただきました。

家政婦Kとして報道されていたのは、竹田純代さんという女性でした。

野崎さんとは30年来の付き合いで、現在メディアの取材に応じているのは「身の潔白を証明するため」だそうです。

モザイクがあったりなかったりなのがなぜかというのは、

フジテレビのミスまたは意図的なもので本当はモザイクをかけるべき案件のようでした。

事件はどう収束を迎えるのか、今後の報道に注目したいと思います。

スポンサードリンク