LINEで送る
Pocket

5月22日、日大アメフト部の悪質タックルについて加害者の宮川泰介選手が会見を開きました。

会見では、反則行為は内田正人監督とコーチの指示であったことが明かされました。

今回は、反則行為を指示したとされている日大アメフト部コーチの井上奨氏について調べてみました。

スポンサードリンク

日大アメフト部は宮川泰介選手が緊急会見

5月22日、日大アメフト部の宮川泰介選手が会見を開きました。

事の発端は、日大と関西学院大学のアメフトの定期戦。

試合中、日大の宮川泰介選手が関学大の奥野耕世選手を悪質なタックルで負傷させました。

日大の内田正人監督は被害者側へ謝罪をしましたが、選手に誰が指示をしたのかなどについては口を閉ざした状態でした。

そして今回、悪質タックルを行なった加害者である宮川泰介選手が会見を開き、指示があったかなどについて語りました。

宮川泰介選手は、悪質タックルについては監督やコーチから指示があったことを明かしました。

やはり・・世間が思っていた通りですね^^;

強豪校の選手でルールも熟知してアメフトの危険性を分かっている選手が、単独であんな行動に出るはずがありません。

この会見によって宮川選手を庇う声も多く上がっていますが、

指示があったとはいえ、試合に出るために反則行為をしたのは宮川選手です。

謝罪会見までしたのは立派だとは思いますが、反則行為についてはしっかりと反省してもらいたいですね。

関連記事はこちら→日大アメフト部内田監督の会見がひどい!ネクタイの色がピンクはなぜ

井上奨コーチが黒幕?

日大アメフト部の宮川泰介選手が会見を行い、

悪質タックルには指導者からの指示があったことが分かりました。

ここで黒幕と言われているのは、コーチの井上奨氏。

【井上奨(いのうえ・つとむ)】

生年月日:1988年?月?日

所属:日大スポーツ科学部

役職:アメフト部コーチ

以前から、井上奨コーチは宮川泰介選手に対して、

「宮川はやる気がない」

「お前は闘志が足りないから日本代表にはいくな」

と試合にも出さず厳しい態度を取っていたそうです。

宮川選手はU-19の日本代表選手にも選出されたこともあり、スポーツ記者も注目の選手です。

試合に出ないことを不思議に思う方もいたそうです。

そして今回の試合前に、

「相手のQB(クォーターバック)を潰すので試合に出して下さいと監督に言ってこい」

と指示をしたそうです。

試合当日、宮川選手は試合に出してもらいたいと反則行為をすることを告げると、

「行けませんでしたじゃ済まされないぞ、分かっているな」

との声がかけられたそうです。

そして実際にあのプレーが起こり、宮川選手は退場になりテントに戻った後、事の重大さに気付き号泣していました。

その姿を井上コーチに見られ「優し過ぎるところがだめなんだ。相手に悪いと思ったんやろ」と叱咤されたというのです。

一番最初に反則行為を指示した黒幕は井上奨コーチというわけですね。

明らかに故意に怪我をさせるような指示を出しており、許されざる行為です。

当の本人は現在雲隠れ状態のようですが、ここまでことが大きくなっていますので何らかの対応をしていただきたいですね。

スポンサードリンク

過去にビデオ出演や裏口就職?

日大アメフト部の悪質タックルの黒幕が井上奨コーチだと判明しました。

井上コーチについて調べてみると「ビデオ出演」「裏口就職」という怪しいワードが出てきました。

調べてみると、井上奨コーチは学生時代にあるビデオに出演されていたそうです。

だいぶやばそうですね・・

さらに、日大に就職したのも井ノ口忠男理事という方が裏口就職という形で押し込んだと言われているのです。

井上コーチの両親は、井ノ口理事が持っている大阪の自社ビルの1階で洋菓子店を経営しており、

そこで作ったお菓子は日大で販売されているそうです。

ズブズブの関係のようですね^^;

少し調べただけでここまで怪しい噂が出てくる方も珍しいです。

まとめ

日大アメフト部のコーチ・井上奨氏について紹介させていただきました。

悪質タックルを選手に指示した”黒幕”と言われている井上奨コーチは、

過去にはビデオ出演や裏口就職など怪しい噂ばかり上がっている人物だと分かりました。

内田正人監督、宮川泰介選手が会見を開き、井上コーチにも対応が求められています。

簡単な謝罪では済まないこの問題をどう解決されるのか、注目したいと思います。

スポンサードリンク